元FF11プレイヤーの気ままな生活&アニメ、映画の感想等

プロフィール 

であなもん

  • Author:であなもん
  • FC2ブログへようこそ!
 

ブロとも申請フォーム 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
F2400.jpg
綺麗に終われるのかちょっと怪しいペースになってきている感のあるマクロス24話です。これ含めてあと2回なんですよねぇ。シェリルのパンツを追っかける話で1話使っちゃったのがいまのなっては痛手か?(笑)まぁ盛り上がってきてますので、最終回に期待しましょう。それでは以下、本編のネタばれです。




F2401.jpg
《11年前の第117調査船団の壊滅は、ランカの歌がバジュラを呼び寄せてしまったことが原因だった。全てを思い出し責任を感じるランカ。一方、脱走したS.M.Sの面々は、ガリア4宙域で第117調査船団の調査を行っていた。残されたデーターから、グレイスの完全リアルタイム・インプラントネットワーク構想の全容を知る。全人類を並列思考ネットワークでリンクさせようという計画に、嫌悪感を覚える面々だった。》

ようやくグレイスさんの計画の全容が明らかに。こともあろうに、ギアスの「ラグナレクの接続」とモロに被った計画でしたね(汗)まぁ並列ネットワークの頂点に自分が立って支配しようという点で、グレイスの方がより野心的かもですが。



F2402.jpg
《バジュラを使ってインプラント化に反対する人間を排除する気だと予測したジェフリーは、計画阻止のため行動に移る。一方ランカの力を利用し、バジュラ間の通信プロトコルの解析を完了したグレイスは野望達成のための決意を露わにする。》

なんとここで唐突に、シェリルがマオ博士の孫であるということが明かされました。イヤリングも本当にマオからシェリルの母親へ渡されたものだったのですねぇ。どうしてシェリルが捨てられてしまったのかは、描かれなさそうだなぁ。なんかうまく活かせなかった設定という感じがしますが、マオの血が流れてるって事が最終回でなにかのフラグになるのかは気になるところです。




F2403.jpg
F2404.jpg
《バジュラ本星への降下作戦を敢行するフロンティア軍。決戦を前にそれぞれが決意を固める。出撃前にシェリルに会いに来たアルトは、必ず生きて帰ると約束する。シェリルは恋人ごっこはおしまい、としながらもアルトの結論を聞いたらどんな答えでも歌えなくなる、と制止し、ランカちゃんを救ってきなさいとアルトを送り出した。》

ここで気になるのはビルラーさん。「もうすぐあなたに会える。」と言ってます。はたして最終回で因果律と時空を超えて誰が登場するのやら・・・このフリからして知らない新キャラじゃないだろうし・・・もしかしてミンメイとか?(汗)シェリルとアルトはいいシーン。これが二人の最期にならない事を願います。




F2405.jpg
《シェリルの歌にのせてフロンティア軍の総攻撃が開始される。歌の効果で進軍速度や連携力が落ちているバジュラ群を翻弄し、フロンティア軍が優位かと思われたが、グレイスの言葉に惑わされたランカがバジュラのために歌い始めてしまう。》

もう尺が厳しいから、アルトの実家絡みの伏線は「それがお前の舞か・・」というオヤジさんの台詞で処理完了ですね?(笑)さて銀河の命運をかけた歌合戦が開幕、シェリルが「射手座午後9時・・・・」で強烈な先制パンチかと思いきや、巨大ランカからまさかの「愛おぼえていますか」で痛烈なカウンター。てか最終決戦は歌のオンパレードになると思ってたけど、これももう時間的にあと2?3曲くらいしか歌えないじゃないか残念(笑)




F2406.jpg
F2407.jpg
《ランカの歌で連携をとりはじめたバジュラの猛反撃で一気に形勢を逆転されたフロンティア軍。「女王の座は私のもの。」と笑うグレイスは、バジュラ本星最深部に眠る女王の力を手に入れようとする。苦戦するアルトの前に、さらにブレラが立ちはだかる。ブレラは「お前たちこそが、バジュラの暮らすこの惑星に対する侵略者だ。侵略者からこの惑星を守るのが自分たち兄妹の使命だ。」と言い放つ。動揺したアルトは、ブレラの砲撃に撃ち抜かれ、爆散する・・・。》

そうなんだよねぇ。まぁブレラはグレイスに吹き込まれているんだろうとしても、バジュラの星をフロンティア軍が侵略しようとしているのは事実なんだよねぇ。いままで襲ってきたのもフロンティアがバジュラの領域に侵入してきたからで。うーん。で、グレイスさんが鳥の人風のメカをゲットしたみたいですけど、これまた戦う時間が・・足らなそう(笑)アルトはまぁ・・生きてるでしょう(笑)





F2408.jpg
予告は初代マクロスED風。というわけで来週で終わりなわけですが、マクロス25の活躍、バトルフロンティア変形形体の活躍、グレイスのメカとの決着、アルトの生死&VF-25に乗り換えての活躍、ビルラーさんの会いたい「あなた」の謎、そして決戦の行方と歌姫2人の結末etc・・・盛りだくさんになりそうで果たして終わるのか?という感じですねぇ。

普通にバジュラ滅ぼして惑星占拠してもちっともすっきりしない終わり方ですし、まぁグレイス倒しつつ、バジュラと人間はわかりあえるんだー的ENDがマクロスらしいんだろうけど、今までの敵は知性があったけどバジュラは無いからなぁ・・。サブタイトルが「アナタノオト」なのでそんな悲惨な終わり方はしなそうだけど果たしていったい・・・?



 
2008/09/23 09:10|マクロスFRONTIERTB:0CM:0
SW1200.jpg
さてさて、夏アニメでは色々な意味で最も盛り上がった感じのするストライクウィッチーズが、早くも最終回です。もしこの作品が内容は全くそのままで「履いてたら」自分も含めて、世間の反応がどうであったのか気になるところです(爆)原案同じで「履いていた」スカイガールズには全く興味もたなかったので、やっぱり「履いてない」のが肝なんだろうなぁ・・・(汗)さてそれでは、以下、本編最終回ネタばれですのでご注意ください。





SW1201.jpg
《ネウロイ化したウォーロックの前に沈没寸前の赤城。死を覚悟して隠し持ってきたストライカーユニットで出撃しようとする坂本。宮藤は諦めたら終わりだ、自分が守るために出撃すると申告し坂本も了承する。一方ウィッチ隊基地では、ミーナ達が奪還に成功、マロニーの謀略を明らかとした。宮藤が単騎でウォーロックと交戦している事を知った3人は援護へ向かう。》

ゲルトさんやり過ぎ(笑)マロニーさんは近年稀にみる小物っぷりでした。しかしこの坂本さんのユニット、この偽装で気付かないってのはナシだろう(笑)




SW1202.jpg
《ウォーロックの猛攻に苦戦する宮藤。赤城もさらなる攻撃で沈没を始め、坂本とペリーヌも海へ落下寸前へと追い込まれる。ミーナ達がハンガーへ到着すると、サーニャとエイラも宮藤を助けるため戻っていた。鉄柱で封印されているjハンガーだったが、バルクホルンが引き抜き解放する。一方、ペリーヌが力抜き海へ落下する2人だったが、シャーリーとルッキーニが救助した。》

エイラとバルクホルンのツンデレ合戦にニヤニヤ。しかしバルクホルンの怪力設定がここまでの怪力だとは(笑)で、最終回でも無意味なエロさを忘れないスタッフが好きだ(汗)





SW1203.jpg
《シャリー達やリーネも帰還し、全員で宮藤救助へ出撃するウィッチ隊。宮藤がウォーロックの波状攻撃に追い詰められた時、リーネの狙撃がウォーロックに直撃、ウォーロックは赤城とともに海中へ消えた。宮藤を称賛する仲間達だったが、その時、ウォーロックと融合しネウロイ化した赤城が海中から出現、空へと舞い上がった。》

狙撃一発で終了なウォーロックには絶望しましたが、赤城ネウロイは想定外で笑いました。ここでもバルクホルンの怪力が、荷物運びに大活躍(笑)




SW1204.jpg
《坂本の魔眼により、コアは赤城の機関部にあると判明。内部に侵入して破壊するしかないということで、ペリーヌ、宮藤、リーネの3人が突入部隊に任命される。仲間たちの総攻撃で活路が開かれた宮藤達は、赤城内部へと突撃を仕掛ける。》

「ペリーヌがいてくれるなら、安心だ!」坂本少佐は部下の使い方を心得ていらっしゃる(笑)ハルトマンは竜巻攻撃、ルッキーニはシールド多重展開で攻撃にも使えるのが二人の特殊能力らしい。




SW1205.jpg
《赤城内部に突入した3人。宮藤とリーネの武器を失うなど猛反撃に苦戦するが、ペリーヌの電撃魔法で最後の隔壁を破壊し、コアへと到達する。宮藤はストライカーユニットをコアに向けて射出、赤城ネウロイの破壊に成功する。すると、ガリア方面を覆っていたネウロイの巣も消滅する。1944年9月、正式にガリア方面のネウロイ消滅が確認され、連合軍第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」は正式に解散した。》


SW1206.jpg
SW1207.jpg
さくーっとネウロイ撃墜したら、あれよあれよと、巣まで消滅して我らの勝利だ展開。さくっとまさかのウィッチ隊解散で終了かよー、と思ったらエピローグがありました(汗)とりあえずエンディングは全員版の「ブックマーク ア・ヘッド」にのせて、全員の後日談。

カールスラント組は国の軍に復帰したんですかね。エイラさんとサーニャはスオムスかロマーニャで二人で暮らしてるんでしょうか。シャーリー&ルッキーニ組は世界を旅してるんでしょう。ペリーヌは解放されたガリア復興に戻ったのかな、リーネちゃんも付き合っているみたい。坂本さんは扶桑で鬼教官(笑)宮藤は実家に帰って診療所で治癒魔法の特訓中っと。






SW1208.jpg
《父からの手紙を眺め、「この手紙から全て始まったんだなぁ・・」と懐かしむ宮藤。そこへ友達のみっちゃんが傷ついた小鳥を運んでくる。宮藤は魔法で治療し、空へ帰すが、入れ替わりで空からウィッチが降ってくる。第47陸軍航空隊、諏訪天姫と名乗ったウィッチは、宮藤へ「宮藤博士からです。」と手紙を渡す。再びの、死んだはずの父からの手紙に驚く宮藤・・・。》

なんとまぁ2期フラグですか。まぁネウロイの謎は一切放棄でしたから続きはやるかなぁとは思ったけど。この諏訪天姫というキャラは漫画版の子らしいですね。やっぱり父ちゃんも生きてるっぽいなぁ。うーん、2期となると宮藤がまた別のウィッチ隊に入る話になるのかなぁ。1期のメンバーもちゃんと出演させて欲しいねぇ。OVAとかじゃなくて、放送してほしいけどDVDの売れ行き次第なのかなぁ・・?

まぁとにかくなかなか楽しませてもらったので、2期も楽しみに待ってみることにしましょう。 
もーいーくつねーるとー、だーぶーるーおーおー♪というわけで、00の2期まで1か月を切りまして盛り上がって参りました。先日のギアスの後のCMがまた新しいのに変わったので、ちょいとキャプチャしてみました。




PV201.jpg
ケルディムガンダムとダブルオーガンダムの出撃シーンかっこいい。アロウズの出撃シーンはアヘッド1機にジンクスIIIが複数。アヘッドの方が最新型らしいですね。神が随分短くなって一瞬わからなかったけど、カティ・マネキン大佐がアロウズ入りしてますね。おやっさん無駄にかっこいい。





PV202.jpg
スメラギさんは飲んだくれっぷりに拍車がかかったのか。CB辞めてるらしいし、グレているのかなぁ。荒熊さんの背後のソーマたん。きっと荒熊さんの息子のアンドレイが親父を訪ねてきているシーンかな。沙慈クンはやっぱりプトレマイオスIIの独房にいるみたいです。ピンクハロはCBから借りたのかしら?セラヴィーガンダムはGNバズーカが2本になってますね強そう。





PV203.jpg
拉致られるマリナ様。ビルに顔面から突っ込んでるダブルオーガンダムを援護するセラヴィー。刹那とロックオンは背景の樹が同じだから会ってるんだろうなぁ、前のCMでロックオンがメモリースティックみたいなの受け取ってる場面かしら。推定ライル・ディランディは刹那がスカウトしてCBに入ってくるんかな?ケルディム、ダブルオー、アリオスと連続戦闘シーンかっこいい。アリオスは素で残像が描かれているので、よく見えない(笑)







本放送前の情報提供はもうこれで終わりかなぁ・・楽しみ楽しみ・・。
 
2008/09/16 10:53|機動戦士ガンダム00TB:0CM:0
R22300.jpg
残り3回のギアスです。さすがにここまで来ると新たな謎が提示されることもなく、伏線拾いながらエンディングへ向かって行く感じ。超展開のこの作品ですが、歴代谷口作品の最終回はどれもすごく良かったと思うので、今回も期待しています。それでは以下、本編ネタバレです。





R22301.jpg
《空中要塞ダモクレスから放たれたフレイヤにより、ブリタニアの帝都ペンドラゴンは消滅した。敵としてルルーシュの前に現れたナナリーは、自分に嘘をついてまでゼロを演じていたのは自分のためだったのかとルルーシュに問う。ルルーシュは動揺しながらも懸命に悪逆皇帝を演じ、「我が覇道の前に立ちはだかるのなら、容赦はしない。」と言い放った。》

ナナリーはシュナイゼルに言いくるめられちゃいました。フレイヤに巻き込まれたのは囮の脱出艇だったとのことですが、ロロが気付かなかったのかなぁ。咲世子さんがカンボジアからルルーシュのとこまで逃げてきましたが、もうちょい早く脱出してルルーシュにナナリー生存を伝えられなかったのかなぁ。と突っ込みどころ満載なナナリー生存ですが、ここでルルーシュがへこたれなかったあたり、今回の計画へのルルーシュの決意を感じさせます。



R22302.jpg
《ペンドラゴンへのフレイヤ攻撃。シュナイゼルは可能な限りペンドラゴンの人は避難させたとナナリーに語る。ナナリーは何もできない自分だからせめて罪だけは背負いたい、ルルーシュへのフレイヤ発射スイッチを委ねて欲しいとシュナイゼルへ申告する。あの場は切り抜けたものの、動揺を隠せないルルーシュに対し、スザクは「ナナリーが生きていようと戦略目的に変更はない!何のためのゼロレクイエムだ!?」とルルーシュを一喝する。ペンドラゴンへのフレイヤを分析したロイド達。その威力はトウキョウ租界で使用されたものの10倍であり、シュナイゼルがリミッターを解除したと知り、悲しむニーナ。》

うーん。ルルーシュの事で傷心なのかもしれないけれど、ナナリーは何があってもフレイヤとか撃っちゃいけないキャラだと思うんだけど・・残念。しかしながら、シュナイゼルにとってはやはりニーナ、ロイド、セシルの3人を置いて行った事が命取りになりそうな気配ですなぁ。




R22303.jpg
《ナナリーへのシュナイゼルの言葉に疑念を抱いたコーネリア。真偽を問われたシュナイゼルは、ペンドラゴンの人間には消えてもらった、ナナリーへの言葉は、嘘も方便だと軽く言ってのける。いつまでも争いのやまない人々を心ではなくシステムで縛り、争いを無くすというシュナイゼルは、ダモクレスで戦争を行っている国全てにフレイヤを撃ちこみ平和な世界を作ると語る。恒久的平和のためなら10億、20億の命など安いものだというシュナイゼルに、コーネリアは刃を向けるが、シュナイゼルは仕込み機銃でコーネリアを殺害する。》

散々引っ張ったシュナイゼルのイイ人仮面がようやくここで剥がれました。しかしまぁ多くの人が同じ感想だと思うのですが、大量殺戮兵器による恐怖での世界平和とはまた、ベタな計画だなぁと(笑)シュナイゼルさんが割とちっちゃい人で残念。まぁルルーシュを泳がせたことでとりあえずルルーシュ=悪、それに抗うシュナイゼル=正義みたいな構図を演出したのは見事なんだろうけど。皇帝が健在のままだったら、どうしようとしてたのかは興味あるところだけど、もはや知る術はありませんね。




R22304.jpg
《ナナリーの前でも悪逆皇帝を演じ続けたことを褒めるC.C。ルルーシュはあの時スザクと出した結論に間違いはない、そのためには自分は悪を為さねばならない、ナナリーを特別扱いすることもできない。散っていった数多の命のためにも・・と語る。シュナイゼルの本性を感じたニーナは、ロイド、セシルと共にフレイヤへの対抗手段の研究開発に取り掛かった。》

このシーンのルルーシュかっこよかったなぁ。このスザクとルルーシュの約束の内容が残された最大の謎ですね。「悪をなさねばならない理由」とは一体・・?さて予想通りにフレイヤ対策の開発開始。この3人が協力してやれば簡単にできそうな気もしますが・・?しかしセシルさんの料理は相変わらず・・・ソースが紫色って(汗)



R22305.jpg
《黒の騎士団は本意ではないながらも、よりマシな選択という形でシュナイゼルと組み、ルルーシュと戦う決断をする。最終決戦を前に、それぞれの想いが交錯する。》

ここのサイレントシーンで一気に伏線消化しようとしてます(笑)星刻が思い出したかのように血を吐けば、想いが成就された感のある千葉さんは藤堂さんと共に死亡確定か?オイオイ、ヴィレッタさん妊娠ですかとつっこみつつ、グレートトリスタンZのデザインの微妙さに苦笑しました。(正式名称はトリスタンツインでしたっけ?)




R22306.jpg
《ペンドラゴンの消滅により混乱しているブリタニアと、シュナイゼル&黒の騎士団連合の兵力は均衡していた。互いの命運をかけた最終決戦が始まろうとするなか、ルルーシュはシュナイゼルへ通信を入れる。ルルーシュはアッシュフォード学園で拉致した各国代表を人質としてアヴァロンに載せている事を通告する。その程度命などと軽視するシュナイゼルだが星刻の猛反発に合う。シュナイゼルはフレイヤを使用しない代わりに、黒の騎士団を含めた全軍の指揮権を委ねて欲しいと申告、星刻はそれを了承する。》

ここら辺はシュナイゼルが上手いというか、さしもの星刻も天子様が人質となると冷静さが欠けてしまうというか。まぁ星刻もシュナイゼルがそこまで鬼畜だと気づいていないから仕方ないのかな。やってる事はゼロもシュナイゼルも同じような事なのに《人を駒とする等)、鬼畜さを悟らせないのがシュナイゼルの言う仮面の使い分けということですかね。




R22307.jpg
《ついに決戦の火蓋が切って落とされる。ルルーシュとシュナイゼルの緊迫した読み合いが続き、序盤は膠着するが、勝気なルルーシュが強引に反撃に転じた僅かな隙を、神虎、紅蓮、斬月の精鋭部隊で一気に切り崩したシュナイゼルが優位に立つ。斑鳩の拡散ハドロン砲で左右両翼を壊滅させられ苦境にたつルルーシュ。》

久々に銀河英雄伝説風の頭脳線。といってもじっくり描くには尺が足らなかったか。あえて突っ込むと、ランスロット・アルビオンと紅蓮聖天八極式の初回登場時の性能を観ると、一瞬でこの2機以外は撃墜されても良さそうな気がしますけど(笑)でもまぁそんな機体1機、2機の能力で戦況が左右されるなんてのはそうそうあるものじゃないので、この描写が本来あるべき姿なんでしょうけど。




R22308.jpg
《追い詰められたルルーシュは、切り札としてとっておくつもりだった、サクラダイト誘爆による富士山噴火を敢行する。自軍の地上部隊をも巻き込む非道な作戦ではあったが、黒の騎士団は旗艦斑鳩を含む大半の戦力が撃墜され、大打撃を被る。》

出た、困った時のゼロスイッチ。ほんとこのステッキ欲しいね(笑)しかしこの攻撃でも主要人物が無事だったのは驚き。この最大の危機を切り抜けた扇さんは、生還フラグか?




R22309.jpg
R22310.jpg
《一気に攻勢に転じるブリタニアだったが、シュナイゼルは逆にチャンスと、ナナリーへフレイヤの発射を指示する。兄の罪は自分が討つと、フレイヤを発射するナナリー。ルルーシュはフレイヤ撃墜用特装隊を捨て駒にして本陣への被害を防ぎ、フレイヤの弾切れを狙う。だが残弾から計算すると一手足らないというルルーシュは、ニーナのフレイヤ対抗策の完成に命運を委ねる。シュナイゼルは、「私を倒そうと考えているならそこまでだよ。仮面を使いこなせない人間に、勝利はない・・。」と不敵に笑うのだった。》

うーん。やっぱりナナリーがあっさり発射しすぎな気がしますけど・・人質もいるのにねぇ。捨て駒ゾンビ兵で固めているからとりあえずは凌げるってのもすげぇ作戦だが。しかししつこいようだが、フレイヤを過信するシュナイゼルに疑問ですなぁ。ダモクレス以外はモルドレッドしか戦力が無いってねぇ・・。これでフレイヤ封じられて、くそーよくもーとか言い出したら呆れてあげます(笑)
そいや、珍しく玉城がかっこいいね(笑)




R22311.jpg
R22312.jpg
さて予告。来週こそはアルビオン大暴れか?藤堂さん死にそう?グレートトリスタンZ、今週はまったく見せ場がなかっただけに、来週初回ボーナス付の活躍か?紅蓮がルルーシュに迫ってる、アヴァロンまで突っ込まれたのか、もしくはダモクレス内部?C.Cがピンクランスロットで出るみたいだけど、なんだか最後のカットは死亡フラグなのか?




R22313.jpg
そんなわけで、あと2回でお終いだー。寂しくなるなぁ。いやまぁそれにしても、毎回「また見てギアス」が面白いよね(笑)それでは来週までwktkして待ちましょう。






 
2008/09/16 08:54|コードギアスTB:0CM:2

ブログ内検索 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。