元FF11プレイヤーの気ままな生活&アニメ、映画の感想等

プロフィール 

であなもん

  • Author:であなもん
  • FC2ブログへようこそ!
 

ブロとも申請フォーム 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
R22100.jpg
ギアスではもう何が起こっても驚かない、と誓ったのですが・・。今週の超展開には完全に度肝を抜かれました(汗)あと4回で最終回、いやぁもう毎週日曜が楽しみでたまりません。では以下、ネタバレで感想など。しかしまとめづらい内容だな(笑)





R22101.jpg
《落下したスザクをマリアンヌとC.Cが救出した。扇は星刻と神楽耶にゼロ放逐の事情を説明しに向かう。神根島遺跡内にシャルルを閉じ込めたルルーシュは、改めて8年前の事件の真相を問うが、シャルルは、嘘にまみれたお前が真実を求めるのかと、以前と同様にルルーシュを笑う。生きていくのに嘘は必要だというルルーシュだが、シャルルは「ラグナレクの接続」が果たされれば、嘘のない世界ができると語る。》

マリアンヌは本当にはっちゃけた人だな(汗)扇が星刻達に事情を説明するようですが、果たして2人は納得するのかなぁ・・・?





R22102.jpg
《Cの世界とは、「集合無意識」の事であり神とも呼ばれる。人とは、その心と記憶の海に開いた窓だと語るC.C。マリアンヌは計画遂行のためC.Cの力を借りてCの世界へと向かう。黒の騎士団はシュナイゼルに協力し、反乱軍の掃討に参加する。ルルーシュは、突如目の前に現れた母、マリアンヌに驚くが、シャルルは8年前の真実をルルーシュに語り始める。》

誰もがゼロは不要、生きていてはいけないとなった黒の騎士団の中で、カレンは唯一人ルルーシュにもう一度会って話がしたいと考えています。これが来週への布石となるのでしょう。Cの世界のくだりは、若干表現は違いますが、エヴァの人類補完計画のくだりと似たような内容ですよね。人は本来意識と記憶の海に溶けた存在であり、人と言う仮面によって形作られているっと。さて、犯した事の重さに凹みまくっているニーナさんですが、今後どうなっていくかも注目ですね。さてマリアンヌさんは、やはり皇帝と共犯だったわけですが・・・。




R22103.jpg
《シャルルとV.Vは幼い頃、身内全てが皇位継承権を争うライバルであり、暗殺が横行し母を含めた親族が次々と殺されていく世に絶望し、「嘘のない世界を作る。」という契約を結んだ。マリアンヌとC.Cもその計画に賛同したが、マリアンヌと出会ってからシャルルが変わってしまったことに嫉妬したV.Vは、8年前のあの日、マリアンヌを殺害すると、テロリストの仕業に偽装し、ナナリーを偽の目撃者に仕立てあげたのだった。マリアンヌは死に際に、事件を目撃していた行儀見習いのアーニャに「人の心を渡るギアス」を仕掛け、彼女の中に潜伏したのだという。》


R22104.jpg
《C.Cはマリアンヌ殺害事件を聞き、失望してシャルルの元を去った。シャルルとマリアンヌは、ルルーシュとナナリーをV.Vから守るため、ナナリーの記憶を改竄して盲目にし、日本へ送ったのだという。しかし計画の遂行に、不老不死のコードが二つ必要だと判明し、マリアンヌの説得を聞かないC.Cをおびき出すためにやむなくルルーシュを利用したのだと聞かされ、自分は道化だったのかと驚くルルーシュ。》

てなわけでマリアンヌ事件の真相が語られました。ここは割とサプライズはなく、まぁこんなこんなもんかって感じでしたが。シャルルがルルーシュ達の事を一応大切に思っていた事は想定外でしたが・・・。





R22105.jpg
R22106.jpg
《C.Cに連れられスザクもやってきた。スザクはシャルルに、作ろうとしている新しい世界について尋ねる。「それはユフィもナナリーも望んでいた優しい世界だ。」と言うシャルルは、自らのコードとC.Cのコードを共振させラグナレクの接続を開始する。しかしルルーシュは、「嘘は争うためだけではなく、人に優しくするためにも使われるものだ。」とシャルルの目指す世界を否定する。

日本とブリタニアが戦争になった時も、計画が成功すれば死者とも一つになれるからと、計画を優先し自分とナナリーを見捨てたんだと激昂するルルーシュ。2人が目指す世界は自分に優しいだけの世界で、ナナリーやユフィが望んだ世界は他人に優しくできる世界なんだと語るルルーシュは、神である集合無意識にギアスをかけ、ラグナレクの接続を停止するよう願う。「神よ、時の歩みを止めないでくれ。俺は明日が欲しい!」というルルーシュの強い想いは、ギアスのさらなる覚醒を呼び、右目にもギアスが発現する。》


まとめづらいところだけど、こんな感じかしら。まぁとにかく、ここからのルルーシュはかっこよかったぜ。皇帝の作ろうとする世界の解釈は難しいんですけど、嘘がなく争いもない優しい世界といってるから本当にまったーりとしたぬるーい世界なのかなぁと自分は解釈しています。単純に嘘と欺瞞がなくなるだけで、本心野心が誰にでも筒抜けになったら、それこそ戦いが起こりそうな気がしますからねぇ。まぁ、今となっては、知る術もないわけですが・・。



R22107.jpg
《ルルーシュのギアスにかかった集合無意識は、シャルルとマリアンヌを否定しラグナレクの接続を停止、2人を取り込み始める。つらくてもいつもナナリーが笑顔だったのは、目と足が不自由で自分一人ではできないことがあると知っているから、せめてもの感謝の気持ちとして笑顔を振りまいているんだ。それも嘘だ、欺瞞だと否定するお前たち親は、俺とナナリーを捨てたんだよ!消え去れ!とルルーシュが叫ぶと、2人は集合無意識に飲み込まれ、消滅した。》

なんとびっくり、散々引っ張ってきたシャルルをここで撃破?ラスボスとして復活はあるのかなぁ?しかし、やっぱり今回のルルーシュはかっこいい。確かに嘘が完全に無くなった、ありのままの世界だと、そういう優しい気遣いみたなのも無くなってしまうんだもんな。それは寂しい世界だ。しかし、散々敬愛してきてお母さんがちょっとイカレタ思想でシャルルとグルだったってのは、ショックだろうなぁ。




R22108.jpg
R22109.jpg
《皇帝を倒したルルーシュ。これからお前たちはどうする?とC.Cが尋ねる。「ルルーシュはユフィの敵だ。」「だから?」・・・・・・。それから1か月、ブリタニア皇帝シャルルが全世界中継で緊急の発表を行うという。注目が集まる中、壇上に現れたのはルルーシュだった。

シャルルは私が殺した、だから私が皇帝となる、とルルーシュが宣言しどよめく皇族達。衛兵がルルーシュを捕えようとした時、スザクがルルーシュを護った。「彼は我が騎士枢木スザク。彼にはラウンズを超えたラウンズとして、ナイトオブゼロの称号を与える。」と語ると、ルルーシュは会場の皇族全員にギアスをかけ、自分を皇帝と承認させる。カンボジアのトレモ機関で放送を見ていたシュナイゼルは、「彼が表舞台に出てきてくれたなら、もはや問題はない。」「世界を手にするのは、ルルーシュのギアスが・・それとも・・?」と不敵に笑う。》


もうなんと言っていいのやら。この展開考えた人はすげぇなぁ・・。このままシャルルは消滅で、残りはルルーシュvsシュナイゼルの展開になるのかなぁ・・。しかし「ユフィの仇だ」「だから?」の後、二人の間にどんなやりとりがあったのでしょう。勢力図も気になるところ。扇が説明したはずなのに、星刻と神楽耶は黒の騎士団にいますね。ラウンズは公式サイトによるとシュナイゼル側の模様。しかしルルーシュは何をするつもりなんだろう。残り4話にしてリセットされての新たな局面、はたしていったい・・・?ギアスに対抗するシュナイゼルの切り札は・・・ダモクレス?はてさて。





R22110.jpg
R22111.jpg
さて予告っと。ビスマルクがギアスを使ってます。はたしてどんな?で、ギャラハッドが対峙してるのはよく見えないけど、ランスロット・アルビオンですよね。ギャラハッドかませ役?(汗)カレンはどうやらルルーシュの下へ来そうな感じ。これでOPの紅蓮とランスロット共闘フラグが実現するのか?いやぁ楽しみだぜ。





 
2008/09/02 12:24|コードギアスTB:0CM:0
R22000.jpg
ギアスです。20話にして、かなりクライマックスな気配が漂ってます。残り5話となりました、膨大な伏線を拾って終わるにはちょうど良さそうなペースなので、綺麗に決着つけてほしいですね。それでは本編ネタバレです。






R22001.jpg
《フレイヤを発射してしまったことを受け入れるスザク。自身が「手段」にこだわったばかりの悲劇と考えたスザクは変わる。皇帝は神根島の遺跡を拠点とし、世界中の遺跡とリンクさせることで、ルルーシュに破壊されたアーカーシャの剣復活を狙う。皇帝の目的が神根島の遺跡とにらんだルルーシュは、たった一人での反撃を目論む。》

スザクは狂ったわけではなさそうです。正義にこだわるのを捨て、自分が悪になってでも戦いを終わらせる道を選んだという事でしょうか。





R22002.jpg
《アーニャの中には、ギアスによってマリアンヌの意識が宿っていた。皇帝の動きを察知したマリアンヌは、C.Cに会いに行くが、記憶を無くしていることに気づくと、C.Cの意識へと乗り込む。「あなたがまだ私たちの味方なのか知りたくて。」と言うマリアンヌは、強引にC.Cの意識を現実に引きずり出し、同行させてしまう。》

やはりアーニャの中にマリアンヌ。想定外にはっちゃけたキャラでしたね、もうちょいおしとやかな人をイメージしてました。しかし、一体どういうギアスなんでしょうね(汗)C.Cが「契約不履行者のくせに」と言ってるから、死んでるのは間違いないと思うのですが、「他人の意識に憑依できるギアス」だとしても、死んでも有効ってのはずるいような(笑)
マリアンヌが「まだ私たちの味方なのか知りたくて」と言ってますが、「私たち」ってのは前後の台詞から推察すると、皇帝とマリアンヌの事を指しているように聞こえます。皇帝の計画にマリアンヌも加担しているのでしょうか。アーニャに憑依して自身は死んだのも計画の内なのでしょうか?





R22003.jpg
《黒の騎士団幹部は、ゼロは死んだ事にすると決定する。ルルーシュはリヴァルに別れを済ますと、皇帝と刺し違える覚悟で出陣する。皇帝は各地の遺跡を同期させ、ラグナレクの発動、既存の世界の崩壊を目論む。シュナイゼルから通信が入るが、皇帝は「任せると言ったはず、俗事など。」と取り合わない。シュナイゼルに気づかれたかと感じる皇帝だったが、「だが、もう遅い。」と笑みを浮かべた。》

やはりゼロは死んだ事にしましたね。この場は無難に切り抜けられるけど、ばれたら自分らが終了という爆死フラグ。まぁ彼らはゼロを売った時点で大きく間違えているので、ろくな結末は待っていなそうです(汗)
ラグナレクってのは、ホントに世界を崩壊させるものなんですかね。だとしたら人類補完計画すぎてやや残念。数千万の犠牲が出た戦争を「俗事」と言いきってしまうあたり、いまの世界には全く興味ないですねホント。





R22004.jpg
《シュナイゼルから黒の騎士団との停戦条約締結、黒の騎士団からゼロの死亡が公式に発表される。一方ルルーシュは、式根島基地のブリタニア軍人に「俺の指示どおりに動け。」とギアスをかけて反撃の準備を進める。》

ジェレミアさんは思いっきり扇を疑ってますね。まぁゼロが死んだにしては浮足立っていないので、わかる人にはバレバレなんじゃないかという気がします。今までギアスをかけられてる事が分かりづらいように使ってきたルルーシュですが、もう生きて帰るつもりがないので、今回は大胆な使い方です。





R22005.jpg
《ロイドにランスロット・アルビオンの引き渡しを「命令」するスザク。そこへシュナイゼル達が現れる。ギルフォードについて尋ねるコーネリアに、「フレイヤを発射し名誉の戦死を遂げた。」とウソを言うシュナイゼルだったが、スザクが「フレイヤを撃ったのは自分です。あれは自分の功績です。ナイトオブワンになるための。」と喰ってかかる。
「それとも殿下が自分をナイトオブワンにしてくれるのですか?」とけしかけるスザクだったが、シュナイゼルは「ではわたしが皇帝になるとしよう。」と言いだし、周囲を驚かせる。シュナイゼルは、危険な研究にのめりこみ、政治を放棄し、苦しんでいる人々を眺めているだけの皇帝に王である資格はないと言い放ち、皇帝暗殺を進言してきたスザクに実行を命じた。》


ついにシュナイゼルさん決起。「ようやく決心されたのですね・・でも・・」というカノンの言葉から、以前から計画はあったようですが、想定よりかなり早いタイミングだということでしょうか。黒の騎士団も分裂しそうな流れの中、ブリタニア側も分裂な感じで、複雑な情勢となりますね。




R22006.jpg
《ゼロの死という報告に、神楽耶はショックを受けながらも気丈に振る舞い、シュナイゼルとの会談へ向かう。皇帝暗殺に異を唱えるジノを拘束したシュナイゼルは、自分なら理想の皇帝を「たぶん」演じられると語る。神根島の皇帝に迫るスザクだったが、「ギアスの事を知っているのが自分だけだと思ったか。」とビスマルクが立ちはだかった。》

神楽耶様は実に切れる人ですよね。ゼロと夫婦の形にすらなってないとは思いますが(笑)
「権威のもうひとつの意味」ってなんでしょうねぇ?
ビスマルクもギアス所持者でしたか。左目縛ってるってことは、常時発動状態になるまで強化されているってことですねぇ。はたしてどんなギアスなんでしょう。




R22007.jpg
《「生きろ」ギアスが逃げろと告げるほどに強力なビスマルクの力。手も足も出ないスザクに、ビスマルクが止めを刺そうとしたとき、爆煙が上がる。式根島基地の部隊を率いたルルーシュが神根島に乗り込んできたのだった。突然の反乱の浮足立つブリタニア。シュナイゼルと会談していた神楽耶と星刻は、この状況で皇帝に攻撃を仕掛けるのはゼロしかいない、と扇達への疑念を抱く。》

スザクが手も足も出ないとは強すぎるぜビスマルク。しかし、自身がクーデター起こそうとしたタイミングで、謎の反乱が勃発とはシュナイゼルも「ちょwww俺じゃねぇよwww」って感じでしょうなぁ(笑)まぁルルーシュの仕業だとは気付いてるでしょうが。しかし星刻と神楽耶様がまともで良かった(笑)





R22008.jpg
《マリアンヌはビスマルクをクーデター派と疑って攻撃してみせることで、自身を潔白に思わせ、神根島へと降下する。遺跡内に入り、ラグナレクの接続を始めた皇帝だったが、そこへルルーシュが現れる。余裕を見せる皇帝だったが、ルルーシュは出口を破壊し、自らとともに皇帝を遺跡内に閉じ込めた。》

さすがルルーシュの母親ということで、策士でした。「助けるべきかな?・・・彼を」の彼は、ルルーシュと皇帝どっちのことなんでしょうね。C.Cさん、「あれだけは・・」って思わせぶりだったのに、チーズ君とりに行っただけかよ(笑)
ルルーシュは皇帝閉じ込めて喜んでますが、ここでラグナレクの接続を始めて現実世界をぶっ壊そうとしてる皇帝にしてみれば、閉じ込められてもどうということは無さそうですよね。







R22009.jpg
さて、次回予告です。マリアンヌ殺害事件の真相が語られそうな気配ですね、楽しみ。あとはもうなんだかよくわからない曼荼羅だの、イタリア語?だのがいっぱい。V.VとC.Cの両方のコードを得るとなにか起きるのかしら?世界崩壊しちゃて元に戻すための戦いとなっていくのか、はてさて?

 
2008/08/27 08:34|コードギアスTB:0CM:0
R21900.jpg
ギアスです。今週は「うお、展開はええ」という感じでした。最終話に向けてヒートアップな感じ。しかし22日にDVDとBlu-rayの1巻が発売されるというのに、BIGLOBEで期間限定の無料配信をするそうで、販促としてはどうかという気もしますが、無料配信効果でファンが増えると期待しましょう。では本編ネタバレで。




R21901.jpg
《トウキョウ租界での爆発を確認しても、皇帝は「全てシュナイゼルに任せよ。」と言い、神根島に居た。フレイヤによる1次被害者は1,000万人、2次被害者は2,500万人と推定されるという。朝比奈以下多数の被害を出した黒の騎士団、藤堂は撤退を進言するが、錯乱しているルルーシュは、全軍降下してナナリーを捜索せよと指示を出すのだった。》

1,000万人って・・。ちなみに広島の原爆で10数万人だそうですから、とてつもない被害だということですね。「戦じゃない。」と言っているジノさん、使用させたシュナイゼルへの不信でしょうか。ルルーシュはほんとにナナリーの存在が弱点でしたなぁ・・毎度ナナリーが絡むとダメな子になってしまいます。まぁ仕方ないですけど。そいや先週時点では公式サイトで「行方不明」だったナナリー、咲世子、ローマイヤ、ギルフォードあたりが、更新されて「死亡」になってます・・。





R21902.jpg
《脱走したコーネリアをディートハルトが追い詰めるが、そこへブリタニアの外交特使として、シュナイゼルが自ら斑鳩へ乗り込んでくる。藤堂は錯乱するゼロの指示を無視しし、全軍を撤退させる。カゴシマ戦線でもビスマルクが軍をひき停戦した。疲弊したルルーシュに、「兄さんには僕がいるから・・」となだめるロロ。だがルルーシュは、「ナナリーの代わりになるものか!この偽物め!」「出て行け!2度と俺の前に姿をみせるな!」とロロを罵倒し、追い出してしまうのだった。》

シュナイゼル自ら出てきました。フレイヤが撃たれた時に、笑っていたのは、この会談に持ち込みやすい状況になるからでしょうね。善人にみせていますが、人の命はかなり軽く見る人です。ルルーシュは遂にぶっちゃけちゃいました。ロロの能力はまだまだ活用できたはずなのに、全く冷静さを欠いています。まぁこれも仕方ない・・が、これが悲劇のフラグとは・・。




R21903.jpg
《自らが開発したフレイヤが招いた惨劇に落ち込むニーナ。突然のシュナイゼル来訪に戸惑う黒の騎士団幹部だが、ゼロへ連絡がつかないため、ゼロ抜きで会談に臨む。シュナイゼルかコーネリアからギアス嚮団で彼女が得た情報を聞き、「これで私は・・」と呟く。》

全視聴者がつっこんだでしょうが、ニーナ(笑)ブリタニア人に被害が及ぶとは全く考えなかったとしたら、すでにニーナの心は壊れています。玉城に関するシュナイゼルのくだりは爆笑でしたが、黒の騎士団について入念に下調べをしてこの会談に臨んでいるということが伺えます。しかしコーネリアから情報を得たということは、皇帝やV.Vの計画も聞いたということでしょうか。皇帝vsシュナイゼルな展開も近そうです。会長生きてたー、リヴァル良かったね。




R21904.jpg
《シュナイゼルとの会談が始まる。シュナイゼルはゼロの正体がブリタニア皇族、ルルーシュであると明かすが、ディートハルトがゼロの系譜は関係ない、彼が起こした奇跡に我々は賛同しているのだと反論する。が、シュナイゼルはその奇跡も、ギアスという人を操る力によって演出されたものだと言い、証拠を求められると、スザクとルルーシュの会話データ、ギアスをかけられたとおぼしき人物の資料を提示する。ヴィレッタとともに現れた扇も、シュナイゼルの説を後押しする。完全にゼロへの信頼を失う幹部たちに、シュナイゼルはゼロを引き渡して欲しいと依頼するが、扇は交換条件として、日本の返還を要求する。》

この会談に関するシュナイゼルのシナリオは完璧な感じ。「私も操られていないという保証はない。そう思うと恐ろしくて・・」なんて白々しい演技まで入ってます。しかし扇さんの要求は想定外だったようで、シュナイゼルも驚いてますが、どう返答したんでしょうかねぇ。今回の話ではそこには言及されませんでしたが、来週のお楽しみですか。とりあえず返還するとか言っちゃいそうな人ですけどね。




R21905.jpg
《扇に頼まれ、ルルーシュを呼びにきたカレン。様子のおかしいC.Cに驚くが、ルルーシュから記憶を無くしていると聞かされる。呼び出された格納庫へつくと、武装した黒の騎士団幹部がゼロへ銃口を向けていた。驚くルルーシュだったが、シュナイゼルによる仕掛けだと気づくと、万一にも逃れる隙はないだろうと諦め、死を覚悟する。仮面をはずし、「お前たちは駒だった。ゲームだったんだよ!」と悪ぶるルルーシュ。激昂した藤堂達の銃撃がルルーシュを襲った時、ロロの乗った蜃気楼がルルーシュを救った。》

いつものルルーシュならこの程度のピンチ、口八丁手八丁でごまかしそうなものですが、ナナリーを失い無気力なだけに、シュナイゼルに追い詰められたと気づけば白旗もやむなしか。「ゼロを引き渡して欲しい。」と言われたのに銃殺する展開になってるのがちょっと謎ですけど、「日本返せ」発言の影響ですかね?




R21906.jpg
《ルルーシュを救うため、ギアスを広範囲に連射するロロ。「ギアス嚮団に利用され、ルルーシュに利用され、ずっと誰かの言いなりだった自分だが、今は自分の意思でルルーシュを助けている、やっと人間になれたんだ」、と語るロロは、ルルーシュの制止を聞かず、使用中は心臓が停止するギアスを使い続ける。あんな事を言った自分を何故助けるのかと戸惑うルルーシュだが、「兄さんは嘘つきだから、僕を殺そうとしたなんて嘘だよね・・」と言うロロは、息を引き取った。全てを失ったルルーシュだが、ロロが繋いでくれた命で、打倒皇帝を誓うのだった。》

散々に歪みまくっていた偽兄弟の結末が、まさかこんなにも悲しく、泣けるものになろうとは想定外でした。シャーリー殺したこと思うと憎いんだけど、まぁ最後に株を上げて逝きましたなぁ・・。さて、スザクも狂っちゃった感じですし、皇帝も「ラグナレクの接続。これで古い世界は破壊され、新い世界が生まれる。」とか言ってますが、やっぱり人類補完計画的な展開なんでしょうかねぇ。



R21907.jpg
R21908.jpg
さて予告ですが、サブタイが「皇帝失格」ということで、いよいよシュナイゼルvs皇帝な展開でしょうか?全遺跡の力を神根島に集結しているような画がありますけど・・・?ジノが槍を突き付けられてますがシュナイゼルに抗議でしょうか?ディートハルトぼこぼこは扇だろうな(笑)神楽耶さんが泣いてますが、今週の流れから藤堂たちがどうするかなぁと想像すると、ゼロは死んだということにするのが無難なんだろうなぁと。扇さんの「日本返せ」がどう展開するのか読めませんが、来週のお楽しみですね。



 
2008/08/19 14:53|コードギアスTB:0CM:4
R21800.jpg
ギアスです。いやぁ今週は面白かった、やっぱりバトルが多いと男の子的には燃えますねぇ。しかしながら衝撃的展開はもう止まらない、いったいどーなってしまうのかっ!そんなわけで、以下本編ネタバレですのでご注意ください。






R21801.jpg
《ゲフィオン・ディスターバーで機能停止したトウキョウ租界を攻める黒の騎士団。スザクは意を決し、フレイヤを積んだランスロットで出撃する。「重戦術級の弾頭を搭載している。使用すれば4000万リータ以上の被害をもたらす。」と警告するが、ルルーシュは「お前の言うことなど信じられるか!」と一笑に付し、ジェレミアにスザクを攻撃させる。が、ラクシャータはジェレミアやギルフォードが何故味方になっているのか、疑問を抱く。》

4000万リータがどんな単位なのかよくわかりませんが、一発どこかにかましておかないとブラフとしては機能しないよなぁ。ゲフィオン・ディスターバーは第5世代以前のナイトメアには有効だそうで、機構上どうにも対策できないんですかね。ランスロットは第7世代だけど、以前は効いてたもんねぇ。で、ラクシャータまでゼロに疑念を抱いています。こりゃこの先、大変なことになりそうだ。




R21802.jpg
《ジェレミアに加え、ギルフォードにも狙われ、追い詰められたスザク。かろうじてジノが到着して、危機を免れた。一方、ナナリー確保のため、ロロと咲世子のチームが政庁へ潜入する。》

ランスロットはすっかり弱くなってしまった(泣)ギルフォードはかわいそう。ミレイさんが逃げてるけど・・・無事だったと信じたい。でもってロロはやっぱりナナリー殺る気マンマンじゃないか、ルルーシュのばかぁ。千葉さんフラグどおりに・・・と思ったら朝比奈がナイスフラグブレイク。完全にスタッフは死亡フラグで遊んでるよな(笑)



R21803.jpg
《ジノの参戦で膠着した戦線に、アーニャが加わりゼロを狙う。零距離からのシュタルクハドロンの前に、さすがの蜃気楼も追いつめられるが、アーニャを突如記憶障害が襲い、どうにか逃れる。が、すかさずカゴシマから来たヴァルキュリエ隊とルキアーノが蜃気楼を捕縛する。一方、ローマイヤはカレン処刑を指示するが、間一髪で咲世子がカレンを救出する。》

「ゼロへの援軍は?」「そ、それが、玉城しか・・・」ぶはっ、なんというこの絶望感(笑)で、玉城さん、うしろーうしろー(笑)アーニャの記憶障害は、マリアンヌさんの仕業なんでしょうかねぇ・・?




R21804.jpg
《救助されたカレンは、奪還された紅蓮に乗り込む。ロイドとセシルによって改造された機体を「紅蓮聖天八極式」と名付け出撃する。一方、ルキアーノに追い詰められたルルーシュに、「太平洋上にブリタニア皇帝の旗艦が現れた。」との連絡が入る。」》

新型紅蓮キター。起動画面の動物はセシルさんの仕業か。ちゃんとラクシャータ、ロイド、セシルの連名になっているあたり、ラクシャータへの敬意を感じる。「聖天八極式」ってのは起動画面に出た英文を咲世子さんが適当に訳したみたいですね(笑)第8世代のすげえナイトメア的な英文らしい。




R21805.jpg
《皇帝は、戦場へは向かわなかった。「現実を・・今日という日を大切にしてると思うかい?彼が・・。」と皇帝を侮蔑するシュナイゼル。一方ルキアーノに防御の隙を狙われ、追い詰められたルルーシュだったが、紅蓮聖天八極式が一瞬でヴァルキュリエ隊を殲滅し、救助した。》

シュナイゼルの発言がどんどんと、危険な感じになってます。先週の「偽りの劇場」といい、皇帝は現実世界ではない、なにかに執心しているのでしょうかねぇ?そしてヴァルキュリエ隊、瞬殺(笑)この一瞬のために2人もデザインしたのかと思うと、笑える。可愛いのに、瞬殺(笑)




R21806.jpg
《「使いこなせるデバイサーが乗っているなら・・」60%の出力でも現状のナイトメアでは相手にならないと言うロイド。カレンは一瞬でルキアーノも仕留めると、スザクに迫る。以前は通じたハドロンブラスターを、軽く跳ね除ける紅蓮にスザクは動揺する。一方、死に際の木下から、ゼロのギアス嚮団員惨殺について証言を得た朝比奈は、データを藤堂に転送する。》

やべぇ、紅蓮つえぇ。初登場時は強いの法則があるにしても、強すぎる描写だ。「かませ犬のテンちゃん」ことルキアーノさんが想像以上のかませ犬っぷりでフイタ。でもっていよいよ、離反フラグが藤堂さんにまで、これはもう黒の騎士団終了のお知らせ、といったところでしょうかね。





R21807.jpg
《ナナリーは咲世子のチームが確保に成功する。今のランスロットでは勝てないから逃げろというロイドからの指示を無視して、カレンに挑むスザクだが、一方的に蹂躙される。「フレイヤを使って!」というニーナの指示を頑なに拒むスザクだが、カレンのトドメの一撃を前にスザクが死を覚悟した時、かつてルルーシュがかけた「生きろ」ギアスが発動し、スザクはフレイヤを発射してしまう・・。》

ロロは脱出のどさくさに紛れてナナリーを撃墜するつもりだったということでしょうか。しかし、ランスロットが見るも無残なダルマさんに。まぁこのフルボッコっぷりは、OPに出ている「ランスロット・アルビオン」に強化された時のためのフラグなんでしょうなぁ。でもってまさかの、フレイヤ発射。そうか、こういう発射の可能性があったかぁ・・。





R21808.jpg
《炸裂するフレイヤ。異変を感じた両軍は撤退するが、中心部に近かった者は逃げ切れず、朝比奈とギルフォードが、そしてナナリーを乗せた輸送機が、フレイヤの光の中へ消えていった・・。「ナナリーは死んだんだ。」と言うロロを「嘘をつくな!」と恫喝するルルーシュ。「少しだけでいいんだ、ナナリーと話をさせておくれ・・。」と虚ろな目で呟くルルーシュだった・・。》

撃っちゃった・・。長崎原爆投下の翌日にこれをやるかい・・という気もします。が、あんだけごっそり空間が消えてなくなってるので、ブリタニア人にも相当の被害が出ていると思われますが、大量虐殺的な描写を入れなかったのは配慮してでしょうかね。しっかし、ギルフォードはこれで終了は、ほんと可哀そうだろう。で、ナナリーは・・・?このスタッフだと、普通に「本当に死にました」がありそうで怖い(汗)ひょっとしたらこのまま、みんなどんどん死んで、最後は死後の世界の話になるんじゃなかろうか(汗)
しかし、今回はロリコン南さんが意外にもかなり優秀だと判明。さすが斑鳩の艦長に抜擢されただけのことはある。




R21809.jpg
さて、来週は「裏切り」ということで、いよいよ離反でしょうか。玉城が偉そうにふんぞり返ってるのは、離反で空いた藤堂の席にでも座ってるのかしら・・?まぁ楽しみですわー。 
2008/08/12 15:05|コードギアスTB:0CM:0

ブログ内検索 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。