元FF11プレイヤーの気ままな生活&アニメ、映画の感想等

プロフィール 

であなもん

  • Author:であなもん
  • FC2ブログへようこそ!
 

ブロとも申請フォーム 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
というわけで、ガンダムSEEDの特番、結局リアルタイムで見てしまいました(汗)ちょいと勘違いしていたようで、自分は全50話の総集編+後日談の新規エピソードが描かれると思っていたのですが、実際は、レギュラー放送時の最終話 『FINAL PHASE 「最後の力」』を完全にリメイクした作品でした。(劇場版エヴァ「Air/まごころを君に」みたいな。まぁあそこまで変わってはいませんが。)
『FINAL PHASE 「最後の力」』は最終話でありながら、製作の遅れで戦闘シーンはほとんど既存フィルムの使いまわしだったり、デュランダルが死んだところで終わってしまい、その後世界や登場人物達がどうなったのか一切描かれなかったので、かなりの批判があったようです。今回まぁおそらくDVD最終巻に向けて全面作り直した、というところなのでしょうか。『FINAL PHASE 「最後の力」』の方は幻の最終回となりそうですね(笑)

OPアニメも追加カット多数の新作でした。レギュラー放送第4クール目のOPがほとんど新作カット無しで、2?3クールのOPのツギハギであった上に、4期OP開始初期の頃はストライクフリーダムとインフィニットジャスティスのミーティア装着時の画が間に合わず、あろうことか、前作のフリーダムとジャスティスのミーティア装着時の画が使われていたという、悲惨な状況を思い出すと、嬉しいです。
曲も本編では挿入歌としてちょろっと流れただけの名曲、T.M.Revolution「vestige-ヴェスティージ-」が使われました。TV版4クールで使われたCHEMISTRYの「Wings of Words」はあまり好きでなかったので、良かったです。

2005122604.jpg


本編は、新規カット多数で、迫力増また戦闘状況等わかりやすく台詞がだいぶ変わっていました。良かったのではないでしょうか。ただ、最後のメサイアでのキラとデュランダルの絡みのシーンに、TV版と違い、アスランも駆けつけましたが、何しに来たんだオマイは!って感じでしたね(笑)

2005122601.jpg


さて問題の後日談は10分程度でした。まぁ想定の範囲内。描かれたのは主に4つのシーン。

?大破したデスティニーとインパルスから脱出して取り残されていたシンとルナマリアをアスランが救助する。

?あの戦闘の直後、ラクスが戦闘停止を申し入れ、その後、オーブとプラントで停戦協定が結ばれた。

?ラクスはプラントの要請でプラントに戻った。(おそらく議長に就任?)

?シンがアスラン、ルナマリア、メイリンと共に家族の眠る慰霊碑を訪れる。ここでキラと初めて名乗りあって対面。今後平和な世界を作っていくために、一緒に戦おうと、握手を求めるキラに、シンは涙しながら、応える。

まぁ妥当といえば妥当な内容ですが、きちんと描いてくれたのは○。特にシンがあのあと、どういう精神状態になって、どう行動するのかはきになっていたので、描かれて良かったです。

しかしながら、解せないのは、カガリがTV最終話に続き、チラチラと顔は映るものの、一言も台詞が無かった点。おそらくアフレコも呼ばれていなそう(汗)最後の方のカットではアスランとメイリンの2ショットだし、カガリの扱いはかなり悲惨ですね。
一部で、SEEDシリーズの第3部の製作が決定したとの情報が流れていますが、このままでは「機動戦士ガンダムSEED 逆襲のカガリ」になってしまいそうですね(爆)
スポンサーサイト
 
2005/12/27 13:30|アニメTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://deanamon.blog8.fc2.com/tb.php/88-f064321e

ブログ内検索 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。