元FF11プレイヤーの気ままな生活&アニメ、映画の感想等

プロフィール 

であなもん

  • Author:であなもん
  • FC2ブログへようこそ!
 

ブロとも申請フォーム 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
てなわけでガンダムです。ついにキラが新型機、ストライクフリーダムに乗り換えですよー。
今回は作画、脚本ともすごく良かったと思いますー。
前作やファーストガンダムのファンならにやりとする場面も多かったですし(笑)

というわけで感想とあらすじを続きに。 


機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-39「天空のキラ」

【あらすじ】
デュランダルに対抗できる戦力の準備を、宇宙の極秘ファクトリーで進めるラクス。デュランダルの真意はまだはっきりと掴めてはいないが、おそらくプラントと地球を一つにした新しい世界秩序の樹立が狙いではないかと予測する。そしてそのために邪魔な物は排除していく・・と。ロゴス打倒を果たした今、次の標的はオーブであろう、と懸念する。

かつてデュランダルが勤務していた研究施設のあった、廃コロニー:メンデルを調査してきたダゴスタ。重要なデーター等は全て消去されていたが、同僚がデュランダルについてのコメントを残したノートを発見してきた。そこにはデュランダルが「DESTINY PLAN」という計画を提唱していたこと、そしてそれに同僚は否定的であったことが記載されていた。

その時突如警報が響いた。偵察形ジンが、ラクス達が潜伏している隕石を模したファクトリーに接近してきたのだった。デュランダルに警戒されていたメンデルを調査したダゴスタがつけられていたのだ。協力してくれているファクトリーに迷惑をかけたくないラクスは、充分な戦力のない戦艦エターナルを発進させる事にする。

2005071616.jpg


一方、地球のオーブ秘密工場では、急ピッチでアークエンジェルの修理が行われていた。その傍らで沈むキラ。世界がどんどん危険な方向へ進む中、フリーダムを失った自分はなにもできない、何も守れない・・と。ラクスさんが戻ってくるまでの辛抱よ、とマリューに励まされる。

そんな中、ファクトリーからエターナル緊急発進の連絡が入る。「最悪の場合はあの2機とこのノートだけでも、アークエンジェルに向けて射出する。」との連絡。「最悪の場合」・・それはもちろん。、エターナルの撃沈、ラクスの死を意味している。アークエンジェルに動揺が走る。

その時、未だ重症で安静の身であるアスランが、懸命にキラに向けて言葉を発した。「行け・・キラ。彼女を何としても・・守るんだ・・。彼女を失ったら・・・全てが・・終わる。」現在デュランダルに唯一付け込める弱みがあるとすれば、偽ラクスを使って市民を煽動していると言う事だけだからである。アスランの必死の呼びかけに、迷いの吹っ切れたキラ。カガリからストライクルージュを借り、宇宙脱出用ブースターを装着させ、エターナルを目指す。

戦艦3隻と無数のザク、グフに追われるエターナル。バルドフェルトがガイアで懸命に応戦するも、多勢に無勢、追い詰められる。あわや、という時、なんとかキラのストライクが到着する。しかし、所詮旧型機のストライク、キラの実力を持っても、機動性、耐久力の低さはフォローしきれず、損傷していく。そんなキラにバルドフェルトが告げる。「早くエターナルに入れ!お前の機体を取ってこい!」大破したストライクでなんとかエターナルに着艦するキラ。ラクスとの再会を喜ぶ。

2005071618.jpg


再会の喜びもそこそこに、新型機へ案内してもらうキラ。そびえ立つストライクフリーダム。キラの目に再び自信が戻る。「ありがとうラクス・・。これで僕はまた・・ちゃんと戦える・・。僕の戦いを。」

瞬時にストライクフリーダムのシステムの初期設定を済ませたキラが出撃する。新兵器のドラグーンシステムをフルに活用し、一瞬で敵のモビルスーツ軍を戦闘不能に追い込む。「ばかな・・たった2分で、25機のザクとグフが・・全滅・・だと?!」残った戦艦3隻も、ドラグーンによる集中砲火で撃破。危機を脱したエターナルは地上のアークエンジェルとの合流に向かう・・。

2005071619.jpg


【感想】
アスランの言葉でキラが吹っ切れて出撃していく流れがよかったです。そしてストライクフリーダムも強い、かっちょいい。散々皆さん言ってますけど・・・シンのデスティニー初出撃時とはだいぶ扱いが違いましたねw

ただ、ストライクフリーダム強いけど、より1対多数戦に特化した感じで、強敵とのタイマン勝負だとどうなんでしょうね?デスティニーとのガチ対決でキラがどう戦うのかはちょいと見所になりそうですね。

その他今回は、にやりとする場面多数。まずキラがストライクルージュの設定いじって、ストライクに戻して出撃。懐かしい感じで良かったです。ブースターはちょっとびっくりどっきりメカでしたけどw

続いてストライクフリーダムのシステム起動シーン。前作でストライクのOSをキラが瞬時に書き換えた時を彷彿させましたね。

続いてファンネル(あえてこう呼ぶw)使用シーンのこれ。

25bb80a7.jpg


台詞はもちろん「当たれぇぇぇ!」というわけで「逆襲のシャア」のギュネイを思い出してにやりw

最後に「2分で25機のザクとグフが全滅」。これはもう初代ガンダムファンなら、「3分で12機のリックドムを全滅」させたアムロを思い出しますよね(笑)

さてさて、来週は百式みたいな金ピカモビルスーツが登場するようで(爆)

*画像は放蕩オペラハウスさんよりお借りしました。
スポンサーサイト
2005/07/22 05:48|アニメTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://deanamon.blog8.fc2.com/tb.php/40-91202361

ブログ内検索 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。