元FF11プレイヤーの気ままな生活&アニメ、映画の感想等

プロフィール 

であなもん

  • Author:であなもん
  • FC2ブログへようこそ!
 

ブロとも申請フォーム 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
日曜日、またまた應龍来来いってきました。

前回の初撃破の模様は→こちら

今回の構成は「ナナ白白赤詩 狩侍シ白赤黒 黒黒黒白赤詩」

そしてまずは、激しく謝罪から(汗)

20050627064326.jpg


スパイクフレイルありました!(大汗)

前回の記事で「ほぼ無さそう」と書いてしまいました。実際過去2回、スパイクフレイルが来てもおかしくない場面が多数あったのに、来なかったので、てっきりないものだと決め付けてました。結果、ナで前後挟んで、普通にふいだまもらいながらやろうとしたら、開幕3分くらいで、壊滅しました(爆)あくまで應龍はTPのたまりがが遅いので、後方でタゲとってもスパイクが来づらい、というだけのようです。僕の情報信じてもろにスパイクくらった方いたら、ごめんなさい(ぺこり)前の記事、修正しておこう・・・。

さて、開幕スパイクでごっそりやられたので、まだ祈雨石はいくつかあったため下手にアビや薬品消費するまえに脱出して、最初からやり直しました。結果、57分53秒と、前回より遅く、かなりギリギリでしたが、二度目の撃破に成功しました。時間はギリでしたけど、内容的にはかなり余裕あったように思いました。ちょと連携MBとかいろいろ試しつつで、効率落とした部分あったとは思いますが、だいぶ上手に戦えたかなぁと。もちろん3度目という事で、だいぶ慣れたってのが大きいのでしょうけどね。

20050627064333.jpg


では今回、新たに気づいたことなどを。

?白4人有効。
前回の構成より詩が一人少なく、白が一人多い編成でした。狙ったと言うよりは、土壇場まで人が揃わなかった中で、これでもいけるだろう、という選択だったのですが、結果的に良かったです。白4いることで、白3の時より、かなーり回復は楽でした。MPがやばいから寝かす、という事もせず、逆に中盤はスリップいれて削り促進するくらいでした。また、ブレクガからのリカバリーが非常に早くできました。

?エレはスリプル2のみでキープすべし。
エレは寝かしてキープし、睡眠耐性ついて寝なくなったら倒します。上手な方は、スリプル1>スリプル2で上書きで、長く寝かす習慣があると思います。が、耐性は「スリプルを受けた回数」で上がっていくようなので、おなじ耐性上昇させるなら、寝る時間の長いスリプル2のみで寝かすほうが、結果的に長い時間寝かし続けられるようです。

?黒は削ろう、とことん削ろう。
過去2戦の経験から、アタッカーがタゲとりづらいというのが判明していました。そこで今回、最強黒魔道士L氏が、開幕から、精霊ひたすら連射>ヒーリング>精霊ひたすら連射、を繰り返してみたところ、それでも應龍のHP残り3割くらいまでは、タゲ取る事なく、削りつづけました。そのくらい、いわゆる墨魔道士ばりに撃ちまくってちょうど良いようです。ちなみに、L氏がいろいろ検証した結果、INTは捨てて、精霊スキル徹底ブーストするのが、結果的にレジ少なくダメを与えられるというという事です。

?連携MBがっつりいこう。
今回は連携MB狙っていきました。結論から言うと、即席チームであったこともあり、ほとんど連携が決まらず、MBもほとんど決まらずだったのですが、それでも決まった時の削りはかなーりのものでした。精霊がレジ多く、制限時間もきついというBCなので、MBでレジ軽減&ダメージ増はうまく成功させれば、かなり時間が縮まると思いました。連携は、まごまごしてると、飛んで逃げられたりするので、飛んでる間にTP貯めといて、落ちてきたら即撃つのが良さそうです。

?飛んでる時間は2分固定。
時間計ってくれた方おり、2分で固定だそうです。連携打ち込むタイミングや、MP回復で寝かすときなど、落ちてくる時間把握しているとやりやすいと思います。

?サポ獣、やはり有効。
今回メガも白/獣で参加し、赤/獣と2人でミミズ1匹ずつ操りつづけました。ミミズ2匹完璧に無効化できたので、有効ですねー。本体に近いの2匹無効化して、遠い奴で前衛はTP貯めすれば、安全なのかなー。ま、あまり遠すぎると回復とか、いざ連携ってときにまごついたりしそうですけどねぇ。


-----------------------------------------------------------
というわけで、なかなか絶妙なバランスが面白い應龍BC、お気に入りです。無制限だともう敵の強さの表現に限界があり、結局3龍とか麒麟、裏闇王みたいな無茶な強さに対して、こちらも18人以上の大人数で対処するというのが最近の傾向でしたが、應龍BCはひさびさに18人でギリギリ勝てるかどうか、という緊張感がたまらないですねー。次のVUでプロMの敵と再戦できるBC用意するように書いてありましたが、ぜひ應龍BC方式の熱いBCである事を願います。

ただ人気でてきたら、1時間制限で1アラしか入れないってのはちょっときついですよね。ま、應龍BCはBFに飛ぶんじゃなくて、リヴェーヌA01の小島での戦闘だからしょうがないのでしょうが、この先この形式追加するなら、ちゃんと3アラは入れるようにして欲しいところです。

-----------------------------------------------------------

Celtic Moonさん←にてこの時のBC全編の動画がDL可能になっております。400Mと非常に重い動画ですが、興味のある方は、Celtさんの諸注意に従ってDL&ご鑑賞ください。ついでにスパイク被弾の動画もUPされております。はずかちぃ(汗)

先達の指導を受けながら必死にミミズを操る白/獣のメガさんと、連携をテラーや飛翔でことごとく避けるOuryuの中の人のプレイヤースキルにご注目ください。
スポンサーサイト
 
2005/06/27 07:17|FF11:應龍来来TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://deanamon.blog8.fc2.com/tb.php/33-f730cd85

ブログ内検索 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。