元FF11プレイヤーの気ままな生活&アニメ、映画の感想等

プロフィール 

であなもん

  • Author:であなもん
  • FC2ブログへようこそ!
 

ブロとも申請フォーム 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
R22100.jpg
ギアスではもう何が起こっても驚かない、と誓ったのですが・・。今週の超展開には完全に度肝を抜かれました(汗)あと4回で最終回、いやぁもう毎週日曜が楽しみでたまりません。では以下、ネタバレで感想など。しかしまとめづらい内容だな(笑)





R22101.jpg
《落下したスザクをマリアンヌとC.Cが救出した。扇は星刻と神楽耶にゼロ放逐の事情を説明しに向かう。神根島遺跡内にシャルルを閉じ込めたルルーシュは、改めて8年前の事件の真相を問うが、シャルルは、嘘にまみれたお前が真実を求めるのかと、以前と同様にルルーシュを笑う。生きていくのに嘘は必要だというルルーシュだが、シャルルは「ラグナレクの接続」が果たされれば、嘘のない世界ができると語る。》

マリアンヌは本当にはっちゃけた人だな(汗)扇が星刻達に事情を説明するようですが、果たして2人は納得するのかなぁ・・・?





R22102.jpg
《Cの世界とは、「集合無意識」の事であり神とも呼ばれる。人とは、その心と記憶の海に開いた窓だと語るC.C。マリアンヌは計画遂行のためC.Cの力を借りてCの世界へと向かう。黒の騎士団はシュナイゼルに協力し、反乱軍の掃討に参加する。ルルーシュは、突如目の前に現れた母、マリアンヌに驚くが、シャルルは8年前の真実をルルーシュに語り始める。》

誰もがゼロは不要、生きていてはいけないとなった黒の騎士団の中で、カレンは唯一人ルルーシュにもう一度会って話がしたいと考えています。これが来週への布石となるのでしょう。Cの世界のくだりは、若干表現は違いますが、エヴァの人類補完計画のくだりと似たような内容ですよね。人は本来意識と記憶の海に溶けた存在であり、人と言う仮面によって形作られているっと。さて、犯した事の重さに凹みまくっているニーナさんですが、今後どうなっていくかも注目ですね。さてマリアンヌさんは、やはり皇帝と共犯だったわけですが・・・。




R22103.jpg
《シャルルとV.Vは幼い頃、身内全てが皇位継承権を争うライバルであり、暗殺が横行し母を含めた親族が次々と殺されていく世に絶望し、「嘘のない世界を作る。」という契約を結んだ。マリアンヌとC.Cもその計画に賛同したが、マリアンヌと出会ってからシャルルが変わってしまったことに嫉妬したV.Vは、8年前のあの日、マリアンヌを殺害すると、テロリストの仕業に偽装し、ナナリーを偽の目撃者に仕立てあげたのだった。マリアンヌは死に際に、事件を目撃していた行儀見習いのアーニャに「人の心を渡るギアス」を仕掛け、彼女の中に潜伏したのだという。》


R22104.jpg
《C.Cはマリアンヌ殺害事件を聞き、失望してシャルルの元を去った。シャルルとマリアンヌは、ルルーシュとナナリーをV.Vから守るため、ナナリーの記憶を改竄して盲目にし、日本へ送ったのだという。しかし計画の遂行に、不老不死のコードが二つ必要だと判明し、マリアンヌの説得を聞かないC.Cをおびき出すためにやむなくルルーシュを利用したのだと聞かされ、自分は道化だったのかと驚くルルーシュ。》

てなわけでマリアンヌ事件の真相が語られました。ここは割とサプライズはなく、まぁこんなこんなもんかって感じでしたが。シャルルがルルーシュ達の事を一応大切に思っていた事は想定外でしたが・・・。





R22105.jpg
R22106.jpg
《C.Cに連れられスザクもやってきた。スザクはシャルルに、作ろうとしている新しい世界について尋ねる。「それはユフィもナナリーも望んでいた優しい世界だ。」と言うシャルルは、自らのコードとC.Cのコードを共振させラグナレクの接続を開始する。しかしルルーシュは、「嘘は争うためだけではなく、人に優しくするためにも使われるものだ。」とシャルルの目指す世界を否定する。

日本とブリタニアが戦争になった時も、計画が成功すれば死者とも一つになれるからと、計画を優先し自分とナナリーを見捨てたんだと激昂するルルーシュ。2人が目指す世界は自分に優しいだけの世界で、ナナリーやユフィが望んだ世界は他人に優しくできる世界なんだと語るルルーシュは、神である集合無意識にギアスをかけ、ラグナレクの接続を停止するよう願う。「神よ、時の歩みを止めないでくれ。俺は明日が欲しい!」というルルーシュの強い想いは、ギアスのさらなる覚醒を呼び、右目にもギアスが発現する。》


まとめづらいところだけど、こんな感じかしら。まぁとにかく、ここからのルルーシュはかっこよかったぜ。皇帝の作ろうとする世界の解釈は難しいんですけど、嘘がなく争いもない優しい世界といってるから本当にまったーりとしたぬるーい世界なのかなぁと自分は解釈しています。単純に嘘と欺瞞がなくなるだけで、本心野心が誰にでも筒抜けになったら、それこそ戦いが起こりそうな気がしますからねぇ。まぁ、今となっては、知る術もないわけですが・・。



R22107.jpg
《ルルーシュのギアスにかかった集合無意識は、シャルルとマリアンヌを否定しラグナレクの接続を停止、2人を取り込み始める。つらくてもいつもナナリーが笑顔だったのは、目と足が不自由で自分一人ではできないことがあると知っているから、せめてもの感謝の気持ちとして笑顔を振りまいているんだ。それも嘘だ、欺瞞だと否定するお前たち親は、俺とナナリーを捨てたんだよ!消え去れ!とルルーシュが叫ぶと、2人は集合無意識に飲み込まれ、消滅した。》

なんとびっくり、散々引っ張ってきたシャルルをここで撃破?ラスボスとして復活はあるのかなぁ?しかし、やっぱり今回のルルーシュはかっこいい。確かに嘘が完全に無くなった、ありのままの世界だと、そういう優しい気遣いみたなのも無くなってしまうんだもんな。それは寂しい世界だ。しかし、散々敬愛してきてお母さんがちょっとイカレタ思想でシャルルとグルだったってのは、ショックだろうなぁ。




R22108.jpg
R22109.jpg
《皇帝を倒したルルーシュ。これからお前たちはどうする?とC.Cが尋ねる。「ルルーシュはユフィの敵だ。」「だから?」・・・・・・。それから1か月、ブリタニア皇帝シャルルが全世界中継で緊急の発表を行うという。注目が集まる中、壇上に現れたのはルルーシュだった。

シャルルは私が殺した、だから私が皇帝となる、とルルーシュが宣言しどよめく皇族達。衛兵がルルーシュを捕えようとした時、スザクがルルーシュを護った。「彼は我が騎士枢木スザク。彼にはラウンズを超えたラウンズとして、ナイトオブゼロの称号を与える。」と語ると、ルルーシュは会場の皇族全員にギアスをかけ、自分を皇帝と承認させる。カンボジアのトレモ機関で放送を見ていたシュナイゼルは、「彼が表舞台に出てきてくれたなら、もはや問題はない。」「世界を手にするのは、ルルーシュのギアスが・・それとも・・?」と不敵に笑う。》


もうなんと言っていいのやら。この展開考えた人はすげぇなぁ・・。このままシャルルは消滅で、残りはルルーシュvsシュナイゼルの展開になるのかなぁ・・。しかし「ユフィの仇だ」「だから?」の後、二人の間にどんなやりとりがあったのでしょう。勢力図も気になるところ。扇が説明したはずなのに、星刻と神楽耶は黒の騎士団にいますね。ラウンズは公式サイトによるとシュナイゼル側の模様。しかしルルーシュは何をするつもりなんだろう。残り4話にしてリセットされての新たな局面、はたしていったい・・・?ギアスに対抗するシュナイゼルの切り札は・・・ダモクレス?はてさて。





R22110.jpg
R22111.jpg
さて予告っと。ビスマルクがギアスを使ってます。はたしてどんな?で、ギャラハッドが対峙してるのはよく見えないけど、ランスロット・アルビオンですよね。ギャラハッドかませ役?(汗)カレンはどうやらルルーシュの下へ来そうな感じ。これでOPの紅蓮とランスロット共闘フラグが実現するのか?いやぁ楽しみだぜ。





スポンサーサイト
 
2008/09/02 12:24|コードギアスTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://deanamon.blog8.fc2.com/tb.php/272-08daf5e1

ブログ内検索 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。