元FF11プレイヤーの気ままな生活&アニメ、映画の感想等

プロフィール 

であなもん

  • Author:であなもん
  • FC2ブログへようこそ!
 

ブロとも申請フォーム 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
BR0600.jpg

今シーズンのアニメはギアスとマクロスが気に入っていますが、その他もまだまだ多数観続けています。原作モノはまぁ安定して面白いですけど、オリジナルではこのブラスレイター頑張ってると思います。では5話はさぼりましたが、6話の感想&ネタバレなど。



BR0601.jpg
BR0602.jpg
BR0603.jpg

《どんどんとデモニアックの力に侵され、正気を失っていくゲルト。抑えきれずにデモニアック化し、深夜の工事現場で暴れているゲルトの前にジョセフが現れ、正体を明かすと「お前はまだ堕ちていない。」とゲルトに告げる。ニュースを見て、現場に残されたゲルトのメッセージに気づいたヘルマンはマレクならゲルトを元に戻せる、とマレクを連れていく。

ゲルトの残した「532」の文字は、かつて彼が峠で記録した前人未到のタイム「5分32秒」を示していた。峠で出会う3人。デモニアックになってもゲルトのファンだというマレクに、かつての笑顔を取り戻したゲルトは、親友ヘルマンと2人で峠を攻める。がその時、再びゲルトを幻覚が襲った。

デモニアック化し、幻覚に襲われるまま、マレクすら手に掛けようとするゲルトの前にジョセフが立ちはだかる。激しい戦闘の末、一瞬だけ理性を取り戻したゲルトは、自らジョセフの刃に貫かれる。親友の最期に泣き崩れるヘルマン。一方英雄に裏切られたマレクはゲルトを「弱虫」と切り捨てながらも、涙していた。》


ぬあぁぁぁ、この作品の真の主人公ともいえたゲルトがぁぁぁぁぁ。6話で逝くにはちょいと惜しすぎる男だろうに・・・・。しかしゲルトやジョセフのような、生きながらデモニアック化した者同士が戦うことが、黒幕の狙いらしい、という事が今回でなんとなく臭わされたけれども、6話まできてまだまだ謎の多い作品だ。とりあえずボチボチ主人公のジョセフに脚光を当てていって欲しいところだ。マレクの絶望っぷりがちょっと気になるけど、ひょっとしてマレクとかヘルマンとか身近な人物がどんどんデモニアックしていってしまうような救いのない展開になるのだろうか・・・?
スポンサーサイト
 
2008/05/13 17:36|BLASSREITERTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://deanamon.blog8.fc2.com/tb.php/225-3f64a64e

ブログ内検索 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。