元FF11プレイヤーの気ままな生活&アニメ、映画の感想等

プロフィール 

であなもん

  • Author:であなもん
  • FC2ブログへようこそ!
 

ブロとも申請フォーム 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
B000FJA9LG.01._SCMZZZZZZZ_.jpg

VOICES music from FINAL FANTASY ファイナルファンタジー プレミアム・オーケストラコンサート (初回生産限定盤)
を買いましたー。僕とメガはゲーム好きであると同時に、ゲーム音楽好きですので(汗)

これは今年の2月にあったコンサートで、FFのコンサート実施はこれが3回目です。初は4年前の20020220 ミュージック・フロム・ファイナルファンタジー、前回の「TOUR de JAPON(ツール・ド・ジャポン)」、で、今回が3回目です。4年前のは観にいけたのですが、以降は行けてなかったので、DVD化は嬉しいです?。では以下、紹介など。





-----------------------------------------------------------------

司会はご存知FFの作曲家、植松伸夫氏本人と、こちらもFF11宣伝担当おなじみ?のスクエニ広報片山理恵子女史。曲目は以下のとおり。今回は「VOICES」のタイトル通り、FFの楽曲でも人の声が使われているモノが中心の構成となっております。指揮は映画音楽も手がけるアーニー・ロス氏。ロスでのFFのライブでの縁だそうです。


《第1部》

【プレリュード(FF各種より)】
FFおなじみの曲です。クリスタルのテーマ。今回は主旋律を声楽隊が歌うという初出のアレンジでした。結構いい仕上がり。実際ライブではイントロのハープの演奏でミスがあったらしいですが、修正されてます(汗)



02【Liberi Fatali(FF8より】
FF8のオープニングムービーの曲です。4年前のコンサートでやったのと同じアレンジ。てかほぼ原曲のままですね。オケコンサートやるとFF8以降の曲が多くなるのですが、初めて生録の曲が使われたのがFF8からだからでしょうねぇ。ちなみに繰り返し出てくる歌詞「FIHOS LUSEC WECOS VINOSEC」は「SUCCESSION OF WITCHES LOVE」のアナグラムであります。



03【Fisherman's Horizon(FF8より)】
これもFF8からです。同名の街でかかる曲ですね。これも主旋律を声楽隊が歌う初出のアレンジ。なんでこの曲やったかはちょっと謎ですけど(汗)でもいい曲です。



04【祈りの歌(FF10より)】
懐かしい・・。10で繰り返し出てくる祈り子様の歌ですねぇ。声楽隊によりほぼ原曲ままに歌われます。ちなみにこれも歌詞は

いーえーゆーいー。
のーぼーめーのー。
れーんーみーりー。
よーじゅよーごー。

はーさー
てーかー
なーえー。
くーたー
  まー
  えー。


↑を縦読みすると「祈れよエボンジュ、夢見よ祈り子、果てなく、栄えたまえ。」になります。


05【素敵だね(ff10)】
FF10の主題歌、RIKKIさん本人により歌われました。やっぱり主題歌はそのゲームを鮮明に思い出させてくれますねえ。10良かったわぁぁ。


06 【ファイナルファンタジー・ドゥワップ・メドレー(FF1?5より)】
これは必見です(笑)謎のアカペラグループ「モーグリーズ」によってファミコン?スーファミ時代の懐かしの曲がアカペラで演奏されます。町から街を、戦闘を繰り返しながら移動、戦闘後にはしっかりファンファーレも(笑)そしてちょっと長めの戦闘で次々と倒れるモーグリーズを救ったのは・・・以下は見てのお楽しみ。これはCDでは伝わらない演出でしたなぁ。DVD万歳。腹よじれるほどウケました。ちなみに曲目は↓。

1.「勝利」・・戦闘後のファンファーレ(笑)
2.「戦闘シーン」・・FF1のバトル曲。
3.「モーグリのテーマ」・・FF5より。6のモグのテーマともいう。
4.「街」・・FF2の街の曲。
5.「トロイア国」・・FF4より。
6.「ジンの呪い」・・FF3最初の街の曲。



07【いつか帰るところ? Melodies of Life(FF9より)】
「いつか?」はタイトル画面で流れる曲です。「Melodies?」はご存知エンディング曲。当然、白鳥英美子さん本人登場です。これもゲーム思い出して、泣ける(泣)ビビぃぃ・・・。「私が死のうとも、君が生きている限り?」という歌詞の採用にはかなりの議論があったようですが、本編のテーマとマッチしていてホント泣けます(泣)


08【ファイナルファンタジー(FF各種より)】
歴代サントラによって「オープニング」とか「オープニングテーマ」とかいろいろタイトル違ってます、いつからか「ファイナルファンタジー」というタイトルになったおなじみの曲で、第一部は幕となります。この曲、FF1作成時、坂口氏より突然「このシーンで流す曲書いて。」と言われてほんの数分で作曲したんだとか(爆)それがこんなシリーズを代表する曲になるとは(汗)
今回のも4年前のと同じ、エンディグチックな静か目のアレンジ。8のエンディングのに近いのかなぁ?個人的にはこれは旅立ちの曲だと思ってるので、12のオープニングで使われたような元気の良いアレンジの方が好みではあります。が、イイ(汗)




《第2部》

09【プリマビスタ楽団(FF9より)】
今回演奏してるのは、このコンサートのために結成された「プリマビスタ・フィル・ハーモニック・オーケストラ」という楽団です。もちろん9の劇団から命名されたのでしょう。というわけでこの曲ですかね。


10【約束の地(FF7ADVENT CHILDRENより)】     
この手のコンサートは原曲しらないと全く楽しくないわけで、それなりにFF全シリーズ網羅して把握してる必要があるわけですが、FF7ACまできましたか(汗)この曲はTVCMでも使われていた声楽メインのあの曲です。かなりいい感じに仕上がってます。



11【オープニングテーマより石の記憶? Distant Worlds(FF11より)】
うほwww FF7ACどころか、FF11がきました(汗)5,000人くらい入る会場だと思いますが、はたして何人11やってる人がいるやら(汗)
石の記憶はオープニングムービーでエスペラント語の歌入ってる部分です。闇王関係とかジラMでよくかかりますね。これはまだFF11買えばすぐ聞けるし、サントラにも入ってますが、「Distant?」はプロマMのエンディングで、しかも多くの人がラスボス倒しても指輪もらったとこで終わってて、エンディング観てないという(笑)サントラにも収録されてないしかなりレアな曲であります。もちろん増田いずみさん本人によって熱唱。まぁ曲そのものは「風の記憶」メロディーなのでなじみはあるんでしょうけどね。
しかしさすがにマイナーだと自認しているのか、FF11宣伝が本業である片山理恵子女史より「『Distant?』はいくつかあるFF11のメインストーリーの中の、『プロマシアの呪縛』というストーリーのクライマックスで使用されている曲です。」とわざわざ解説入りましたが(汗)


12 Eyes On Me(FF8より)
言わずと知れた8の主題歌ですが、これはフェイ・オンではなく、アンジェラ・アキ女史によってピアノ弾き語りでした。原曲とはだいぶ雰囲気は違いますけど、普通にイイ。てかこの人歌うまいわぁ。
これは作中でリノアの母ジュリアがラグナの向けた歌ということで、日本語訳読んで想像するとかなり泣ける内容になっております。


13【Kiss Me Good-Bye(FF12より)】
12のエンディング曲です。もちろんアンジェラ女史により熱唱。12はストーリー部分では賛否両論というか否がかなり多いようですが、個人的にエンディングは好きです。パンネロの素人ナレーション含めて(汗)



14 【オペラ「マリアとドラクゥ」(FF6より)】
キタコレ。2年前の「TOUR de JAPON(ツール・ド・ジャポン)」で演奏されたと聞いて、すごく観たかった演目でした。たぶん2年前のまんまだと思うのですけど、初めてみたのでイイ!オペラ歌手3名登場しての熱唱でした。
この歌劇の内容は「マリアが政略結婚のため敵側へ嫁ぎにいったのを、ドラクゥが取り返しにいく。」物語です。FF6知らない人は、「FF6ってそういう話なんだぁ」と思うかもしれませんが、これはFF6の劇中劇でして、PTメンバーの一人セリスが、マリア役で出演して、正しい歌詞を選択したり、指定どおりに移動したりして歌劇を進行していくミニゲームで使われた歌曲がそのまんま演奏されているだけです。オリジナルはイイ曲なのに、主旋律が合成音声みたいな変な音で鳴ってたので、今回の生演奏はかなり嬉しいです。
ちなみにゲームではオルトロスの乱入によって、ドタバタで終わったこの歌劇ですが、コンサートではちゃんと最後まで演じられますので、好きな人は是非(笑)



《アンコール》

15【スウィングdeチョコボ(FF各種より)】
チョコボのテーマです。ウッドベースが参加しての本格ジャズ風なアレンジでした。モニターには歴代チョコボが(笑)


16【再臨:片翼の天使(FF7ADVENT CHILDRENより)】
いよいよラストという事で、ド派手に舞台装置が動いて、中から登場したのはTHE BLACK MAGESのメンバー。これまたFF11宣伝担当でありますハニーこと羽生田新氏の激しいドラムで演奏開始。FF7ラスボス戦闘でおなじみのこの曲ですが、今回はロックバンドパートも入ったFF7ADVENT CHILDRENの「再臨」の方です。
これが最高にカッコヨス。植松氏もノリノリで演奏されてます。会場では席によってはバンドとオケの音のバランス悪かったみたいですが、さすがDVDでは綺麗にミキシングされております。華麗に決まって最後はスタンディングオベーションの喝采のなか、出演者全員でのカーテンコール・・・のはずが・・・鳴り止まない拍手がやがて「アンコール!」の声に変わり、舞台袖では「もう一回できる?!」と大慌ての植松さんとスタッフ。結局なんと、予定外にもう一回「再臨:片翼の天使」が演奏されました。もうハジケまくりで、ギターソロパートでは岡宮氏が客席に飛び降りたりと、もうすさまじい・・・。いやぁこれは生で見たかったです(汗)


【特典映像】
特典映像では、お約束のバックステージの様子など。植松氏自ら売れてないTシャツ売りにいくのとかすげぇと思った(笑)4年前の時は開場>開演の時間がめちゃくちゃ短くて、さらに終了後は物販ないとかで、もう殺気だつぐらいヒドイ状況で買い物した記憶ありますが、さすがにそのあたりは改善されてるようですね。植松さん最後もTシャツ売りに行ってたし(爆)


------------------------------------------------------------

いやぁ長くなった(汗)全部読んでくれる人はいないでしょうが、まぁ結論、イイ!ってことです。われこそはFFマニアという方は是非(汗)
スポンサーサイト
 
2006/06/26 19:06|日常TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://deanamon.blog8.fc2.com/tb.php/141-74b12a86

ブログ内検索 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。