元FF11プレイヤーの気ままな生活&アニメ、映画の感想等

プロフィール 

であなもん

  • Author:であなもん
  • FC2ブログへようこそ!
 

ブロとも申請フォーム 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
SW0900.jpg
結局、略称は「ストパン」が主流なのでしょうか?(汗)というわけで、これまたクライマックスなストパンです。もうすぐ終わっちゃいますけど、それなりに盛り上がった感じがするので、2期とかあるのかなぁ?では以下、本編のネタばれと感想など。







SW0901.jpg
《「もうストライカーを履かないと約束して。」と坂本に銃口を向けるミーナ。次出撃したら、きっと帰ってこない、と。だが坂本は「私はまだ飛ばねばならない・・。」と言って立ち去る。明くる日、ネウロイについての調査を進める坂本。先日のネウロイは間違いなくサーニャの行動を模倣しているとミーナに報告する。一方、妹の意識が回復したと聞いたバルクホルンは、ハルトマンと共に大急ぎで見舞いに向かい、感動の再会を果たす。が、帰路につこうとしたとき、車に差出人不明の、ミーナ宛ての手紙が差し込まれていた。》

やはり引退勧告でしたが、この場はスルーな坂本さん・・・嫌な予感。サーニャ&エイラのコンビは最高だな(ニヤニヤ)バルクホルンの妹さんが、奇跡の回復。今回仲間から宮藤が妙にべた褒めされすぎで、これまた嫌なフラグの気配です。てか、看護婦さんも履いてないのね(爆)





SW0902.jpg
《ペリーヌとコンビを組んでシャーリー・ルッキーニ組との模擬戦にのぞんだ宮藤は、見よう見まねで坂本の得意技、「左捻り込み」を決め勝利、絶賛されるが、嫉妬したペリーヌから決闘を申し込まれてしまう。一方、謎の手紙について、ミーナを問い詰めるバルクホルンとハルトマン。手紙の内容は、「深入りは禁物、これ以上知りすぎるな。」というものだった。ミーナと坂本は、ネウロイについて調査しているだけで何もやましいことはしていないと言い切る。差出人はおそらくトレバー・マロニー空軍大将で、彼はこの戦いの核心部分について知っているに違いないと推測するのだった。》

リーネのおっぱ○揺れ過ぎ(汗)ここにきて、黒幕っぽい人物が浮かんできました。ネウロイというのは、単なる侵略者とか宇宙人とかそういうものではなく、人間が関与して生み出されたものっぽい気配が漂ってきました。





SW0903.jpg
《ペリーヌと宮藤が無断で模擬戦を行っている時、ネウロイが襲来してくる。すでにウイッチとしての魔法力が低下し、シールドが機能していない坂本の出撃を止めるミーナだったが、坂本は、宮藤の成長のためにまだ飛ばねばならない、宮藤の成長を見届けるまで死にはしないと言い残し、出撃してしまう。仲間と合流するまで待機を命じられたペリーヌと宮藤だが、宮藤は「足止めぐらいならできる。」と一人でネウロイを追ってしまう。目的のネウロイは小型、「これなら一人でも」と宮藤が思った時、突如ネウロイが、ウィッチと似た姿に変形した。》

妙なべた褒め攻撃は「こんなの一人で十分」増長フラグでしたか。しかし坂本さん、らしくないというか、成長を見届けるくらい出撃しなくてもできるじゃーん。ミーナも隊長としてここは止めねばならない所だったろうに、感情に流されてはいけませんなぁ。でもってネウロイ、やっぱり単なる破壊者ではなさそうですが・・・?





SW0904.jpg
SW0905.jpg
《言葉に反応し、自分をからかうような態度を見せるネウロイに、親近感を覚えた宮藤は、コミニュケーションが取れるかもと考え、「あなたは私たちの敵なの?」と問いかける。するとネウロイは何かを伝えようとするかのように、自らコアを露出させる。宮藤がコアに触れようとしたとき、宮藤の身を案じるばかりに冷静さを欠いた坂本が突撃してくる。宮藤の制止に聞く耳を持たない坂本は、強引に攻撃をしかけるが、反撃にシールドを貫通され被弾、墜落する。宮藤は「目を開けてください、坂本さん!」と必死に治癒魔法を試みる・・・・》

エース級が冷静さを欠いてやらかしてしまう第二段(泣)坂本さんにとっての「守りたいもの」は宮藤なんでしょうね。しかしまぁ先輩方は、ネウロイの攻撃で散々酷い目にあっているわけで、いまさら「敵じゃないかもしれない、意思の疎通ができるかもしれない」と言われても、信じられないのはしょうがないところでしょう。来週はそんな中で宮藤が無茶しちゃう気配ですが、はたしてどうなるやら?

 
スポンサーサイト
R22000.jpg
ギアスです。20話にして、かなりクライマックスな気配が漂ってます。残り5話となりました、膨大な伏線を拾って終わるにはちょうど良さそうなペースなので、綺麗に決着つけてほしいですね。それでは本編ネタバレです。






R22001.jpg
《フレイヤを発射してしまったことを受け入れるスザク。自身が「手段」にこだわったばかりの悲劇と考えたスザクは変わる。皇帝は神根島の遺跡を拠点とし、世界中の遺跡とリンクさせることで、ルルーシュに破壊されたアーカーシャの剣復活を狙う。皇帝の目的が神根島の遺跡とにらんだルルーシュは、たった一人での反撃を目論む。》

スザクは狂ったわけではなさそうです。正義にこだわるのを捨て、自分が悪になってでも戦いを終わらせる道を選んだという事でしょうか。





R22002.jpg
《アーニャの中には、ギアスによってマリアンヌの意識が宿っていた。皇帝の動きを察知したマリアンヌは、C.Cに会いに行くが、記憶を無くしていることに気づくと、C.Cの意識へと乗り込む。「あなたがまだ私たちの味方なのか知りたくて。」と言うマリアンヌは、強引にC.Cの意識を現実に引きずり出し、同行させてしまう。》

やはりアーニャの中にマリアンヌ。想定外にはっちゃけたキャラでしたね、もうちょいおしとやかな人をイメージしてました。しかし、一体どういうギアスなんでしょうね(汗)C.Cが「契約不履行者のくせに」と言ってるから、死んでるのは間違いないと思うのですが、「他人の意識に憑依できるギアス」だとしても、死んでも有効ってのはずるいような(笑)
マリアンヌが「まだ私たちの味方なのか知りたくて」と言ってますが、「私たち」ってのは前後の台詞から推察すると、皇帝とマリアンヌの事を指しているように聞こえます。皇帝の計画にマリアンヌも加担しているのでしょうか。アーニャに憑依して自身は死んだのも計画の内なのでしょうか?





R22003.jpg
《黒の騎士団幹部は、ゼロは死んだ事にすると決定する。ルルーシュはリヴァルに別れを済ますと、皇帝と刺し違える覚悟で出陣する。皇帝は各地の遺跡を同期させ、ラグナレクの発動、既存の世界の崩壊を目論む。シュナイゼルから通信が入るが、皇帝は「任せると言ったはず、俗事など。」と取り合わない。シュナイゼルに気づかれたかと感じる皇帝だったが、「だが、もう遅い。」と笑みを浮かべた。》

やはりゼロは死んだ事にしましたね。この場は無難に切り抜けられるけど、ばれたら自分らが終了という爆死フラグ。まぁ彼らはゼロを売った時点で大きく間違えているので、ろくな結末は待っていなそうです(汗)
ラグナレクってのは、ホントに世界を崩壊させるものなんですかね。だとしたら人類補完計画すぎてやや残念。数千万の犠牲が出た戦争を「俗事」と言いきってしまうあたり、いまの世界には全く興味ないですねホント。





R22004.jpg
《シュナイゼルから黒の騎士団との停戦条約締結、黒の騎士団からゼロの死亡が公式に発表される。一方ルルーシュは、式根島基地のブリタニア軍人に「俺の指示どおりに動け。」とギアスをかけて反撃の準備を進める。》

ジェレミアさんは思いっきり扇を疑ってますね。まぁゼロが死んだにしては浮足立っていないので、わかる人にはバレバレなんじゃないかという気がします。今までギアスをかけられてる事が分かりづらいように使ってきたルルーシュですが、もう生きて帰るつもりがないので、今回は大胆な使い方です。





R22005.jpg
《ロイドにランスロット・アルビオンの引き渡しを「命令」するスザク。そこへシュナイゼル達が現れる。ギルフォードについて尋ねるコーネリアに、「フレイヤを発射し名誉の戦死を遂げた。」とウソを言うシュナイゼルだったが、スザクが「フレイヤを撃ったのは自分です。あれは自分の功績です。ナイトオブワンになるための。」と喰ってかかる。
「それとも殿下が自分をナイトオブワンにしてくれるのですか?」とけしかけるスザクだったが、シュナイゼルは「ではわたしが皇帝になるとしよう。」と言いだし、周囲を驚かせる。シュナイゼルは、危険な研究にのめりこみ、政治を放棄し、苦しんでいる人々を眺めているだけの皇帝に王である資格はないと言い放ち、皇帝暗殺を進言してきたスザクに実行を命じた。》


ついにシュナイゼルさん決起。「ようやく決心されたのですね・・でも・・」というカノンの言葉から、以前から計画はあったようですが、想定よりかなり早いタイミングだということでしょうか。黒の騎士団も分裂しそうな流れの中、ブリタニア側も分裂な感じで、複雑な情勢となりますね。




R22006.jpg
《ゼロの死という報告に、神楽耶はショックを受けながらも気丈に振る舞い、シュナイゼルとの会談へ向かう。皇帝暗殺に異を唱えるジノを拘束したシュナイゼルは、自分なら理想の皇帝を「たぶん」演じられると語る。神根島の皇帝に迫るスザクだったが、「ギアスの事を知っているのが自分だけだと思ったか。」とビスマルクが立ちはだかった。》

神楽耶様は実に切れる人ですよね。ゼロと夫婦の形にすらなってないとは思いますが(笑)
「権威のもうひとつの意味」ってなんでしょうねぇ?
ビスマルクもギアス所持者でしたか。左目縛ってるってことは、常時発動状態になるまで強化されているってことですねぇ。はたしてどんなギアスなんでしょう。




R22007.jpg
《「生きろ」ギアスが逃げろと告げるほどに強力なビスマルクの力。手も足も出ないスザクに、ビスマルクが止めを刺そうとしたとき、爆煙が上がる。式根島基地の部隊を率いたルルーシュが神根島に乗り込んできたのだった。突然の反乱の浮足立つブリタニア。シュナイゼルと会談していた神楽耶と星刻は、この状況で皇帝に攻撃を仕掛けるのはゼロしかいない、と扇達への疑念を抱く。》

スザクが手も足も出ないとは強すぎるぜビスマルク。しかし、自身がクーデター起こそうとしたタイミングで、謎の反乱が勃発とはシュナイゼルも「ちょwww俺じゃねぇよwww」って感じでしょうなぁ(笑)まぁルルーシュの仕業だとは気付いてるでしょうが。しかし星刻と神楽耶様がまともで良かった(笑)





R22008.jpg
《マリアンヌはビスマルクをクーデター派と疑って攻撃してみせることで、自身を潔白に思わせ、神根島へと降下する。遺跡内に入り、ラグナレクの接続を始めた皇帝だったが、そこへルルーシュが現れる。余裕を見せる皇帝だったが、ルルーシュは出口を破壊し、自らとともに皇帝を遺跡内に閉じ込めた。》

さすがルルーシュの母親ということで、策士でした。「助けるべきかな?・・・彼を」の彼は、ルルーシュと皇帝どっちのことなんでしょうね。C.Cさん、「あれだけは・・」って思わせぶりだったのに、チーズ君とりに行っただけかよ(笑)
ルルーシュは皇帝閉じ込めて喜んでますが、ここでラグナレクの接続を始めて現実世界をぶっ壊そうとしてる皇帝にしてみれば、閉じ込められてもどうということは無さそうですよね。







R22009.jpg
さて、次回予告です。マリアンヌ殺害事件の真相が語られそうな気配ですね、楽しみ。あとはもうなんだかよくわからない曼荼羅だの、イタリア語?だのがいっぱい。V.VとC.Cの両方のコードを得るとなにか起きるのかしら?世界崩壊しちゃて元に戻すための戦いとなっていくのか、はてさて?

 
2008/08/27 08:34|コードギアスTB:0CM:0
F2000.jpg
マクロスです。新OP&ED曲「ライオン/ノーザンクロス」のCDが「星間飛行」の倍のペースで売れてるそうで(汗)でもって今回は前ED曲の「ダイアモンド・クレバス」がそのままサブタイ。歌詞の内容的に嫌な予感は漂っていましたが・・・・・。では以下、本編ネタバレであらすじと感想など。








F2001.jpg
《ランカのライブに感動したと語るシェリル。アルトは「お前の歌も本物だ。でなければ、あんなにも大勢の人の心に届くはずがない。」と励ます。しかしそこへ、アルトへ想いを伝えようとやってきたランカは、二人の様子を見て失恋したと勘違いしてしまう。ランカが「死んじゃいたい。」と思った時、艦内に潜んでいたバジュラが呼応するかのように暴れはじめる。突如、大量のバジュラ襲撃に浮足立つフロンティア。三島に拘束されかけたオズマとキャシーだったが、バジュラ襲撃のおかげで暗殺から逃れたグラス大統領の電話に三島が動揺した隙に逃げ出した。》

先週なにげなくライブでノリノリだったこのカネゴン型の生物はやっぱりバジュラだったんですね(汗)しかしとんでもない繁殖力だなぁ・・。こりゃ人類に勝ち目ないでしょう(汗)






F2002.jpg
《アルトはランカに皆を救うために歌って欲しいと頼むが、アルトのために歌いたかったランカは、「私はバジュラと戦うための道具じゃない!」と号泣し拒絶する。シェリルに「あなたの歌には私にはない力がある。できることをなさい。」と言われ、どうにか歌う決意をしたランカだったが、失恋の痛みを抱えての歌は、逆にバジュラを狂暴化させてしまった・・・。》

ここでこのお願いとは、アルト君のKYっぷりがすさまじい(笑)しかし、ランカはバジュラを静めるだけでなく、気分ひとつで狂暴化させることもできるとは・・。危険な存在ですなぁ。






F2003.jpg
《このバジュラ襲撃をグレイスの仕業と思った三島だったが、グレイスは自分とってもイレギュラーだと語る。大統領暗殺に失敗した三島だったが、この混乱に乗じて再度チャンスを窺う。S.M.Sの基地を目指すアルト達だったが、道中バジュラの攻撃でナナセが負傷してしまう。シェリルは自分に任せてアルト達に行けと言う。アルトに手を引かれたランカは、幼い頃にも誰かに手を引かれて走ったことを思い出しかける。一方、緊急帰還命令を受けたマクロス25だったが、周辺宙域にもバジュラが現れ、応戦を余儀なくされる。》

グレイスにも想定外だったんですねぇ・・いやぁこのカオスっぷり見るに、壊滅するまで収まらないんじゃないでしょうか?ランカの記憶が戻る日も近そうな気配ですが、果たして?三島さんはこの混乱の中で大統領暗殺しても、火中の栗を拾うだけに思いますけど、何がしたいでしょうねぇ?




F2004.jpg
《ランカの身を案じるブレラだったが、「まだフロンティアに壊滅されては困る。」というグレイスの命令で渋々外のバジュラ迎撃に回る。バトルフロンティアで大統領を待ち伏せした三島は、暗殺を敢行、遅れて到着したオズマとキャシーは無残な大統領の亡骸を目撃する。S.M.S基地に到着したアルト達は、残された武装から、クランがゼントラン化してバルキリー用の武器で応戦する作戦を狙う。クランはミシェルに、「お前の恋はどこにある?」と尋ねるが、「現在行方不明で捜索中。」とはぐらかすミシェル。しかしクランは、ミシェルにキスをすると、「お前が好きだ!ミシェル!」「死ぬのが怖くて、恋ができるかーっ!」と叫び駆け出すのだった。》

グレイスにとってフロンティア壊滅は困る事らしい。V型感染症を蔓延させて、人間がどう変化するか実験したいとかそんな感じなんですかね。大統領無残、合掌。クランの告白、いいシーンだったぜぃ。それだけに・・それだけに・・。





F2005.jpg
《シェルターでナナセの介護をしながら、アルトの言葉を思い出すシェリル。「ランカちゃんが希望の歌姫なら、私は絶望の中で歌ってみせる。」と決意し、絶望に浸る群衆の中で一人歌い始めるのだった。》

シェリル復活フラグきたー。エルモ社長も偶然居合わせちゃったりして、いい感じ。でもってカナリアさんの息子のエディ君、(元?)旦那さんも含めて健在なんですねぇ。これがカナリアさんの死亡フラグなのか、感動の再会フラグなのかは・・・?




F2006.jpg
F2007.jpg
《ゼントラン化を始めたクランを護衛するアルトとミシェル。が、伏兵のバジュラがクランに迫る。懸命に応戦するミシェルだったが、隙をつかれバジュラの触手に腹部を貫かれてしまう。最後の気力をふりしぼり、バジュラを撃退したミシェルだったが、「ごめんな・・・クラン・・。今まで・・、言えなくて・・・。俺も・・・お前のこと・・・・愛して・・・・。」と言いかけたまま、宇宙へ投げ出されてしまうのだった・・・。》

ぐあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、そりゃねぇよぉぉ(号泣)先週からフラグは漂ってたけどさぁ・・・・・。ミシェルはクランとラブラブでエンディングを迎えるべきキャラだったろうにぃぃぃぃ・・・。はぁ・・・。「ダイアモンド・クレバス」が涙を5割増だぜぃ・・。
腹部の傷といい、ノーヘルで宇宙に放り出された事といい、生存率は限りなくゼロだと思うけれども、「バジュラの血を浴びた事。」が奇跡の生還フラグである、とただ祈るばかりです(泣)






F2008.jpg
はぁ・・。予告です。どうやらバジュラ騒動は収まったみたいだけど・・・今週の状況からどう収まるんだ?シェリル活動再開な感じですね。ランカとアルトは、とりあえず誤解は解ける感じかな。泣くなクラン、と思ったら・・・復讐に燃えてますね(汗)


 
2008/08/23 10:05|マクロスFRONTIERTB:0CM:0
SW0800.jpg
スク魔女です。今週はミーナ隊長のお話。先週が酷すぎたせいか、今週ははげしく真面目で若干シリアス(笑)神の光も入らない程、エロ要素も自重されてました。珍しく来週に引っ張る形で終わりましたので、最終回に向けて盛り上がっていきそうです。それでは本編ネタバレで。





SW0801.jpg
《整備員達にお茶とお菓子を振る舞おうとする宮藤だが、「ミーナ隊長から必要以上にウィッチと親しくしてはいけないと命令されている。」と拒絶される。宮藤がブリタニアに来る際お世話になった戦艦赤城の艦長が乗組員全員を代表し、宮藤に救われた礼を言いにくる。翌日には出撃するという赤城に礼を言いに行きたい宮藤だが、ミーナに制止される。赤城の若手軍人が宮藤に手紙を渡そうとするが、それもミーナに阻まれ、腑に落ちない宮藤。その事を聞いた坂本はミーナに、「忘れられないのか?」と言うのだった。》

ウィッチ以外もいるはずなのに、全く登場しなかったこの作品、ようやく整備員さんが(笑)扶桑人形・・・売るんだろうなぁ。隊長の若い頃のパンツは白(汗)



SW0802.jpg
《予測どおりにネウロイが出現、迎撃するウィッチーズ。と、敵ネウロイが突如210体に分裂する。懸命に戦うが、苦戦するウィッチーズ。どうにか坂本が魔眼でコアをもつ個体を特定し、撃退した。》

ミーナ隊長の特殊能力は索敵、ペリーヌは電撃系攻撃魔法ですか。スボラなハルトマンも戦場ではキレてますなぁ、さすが。ネウロイの破片が坂本少佐のシールドを貫通・・・。ウィッチとしての能力は10代がピークで徐々に衰えるそうで、19歳の坂本少佐はもう限界が近いのでしょうなぁ・・。




SW0803.jpg
《ネウロイ撃墜後、一人降下するミーナ。そこはかつてミーナが恋人と暮らした地だった。ミーナと同じ軍に志願した恋人は、撤退戦の最中帰らぬ人となった。彼が渡そうとしていたプレゼントを見つけ、号泣するミーナだった。》

ミーナ隊長のトラウマが、ウィッチと男子の接触に対する規律の源だったわけですなぁ。戦争とか起これば、こういう悲劇がいっぱい発生するわけで、いまも世界のあちこちで紛争が起きてる事を想うと悲しいです。




SW0804.jpg
《ミーナの許可を得て、赤城を見送る宮藤達。その時ラジオから、ミーナの歌う「リリー・マルレーン」が流れる。ようやく受け取った恋人からのドレスを着て、唄うミーナ。その夜、恋人を失い、好きにならなければ良かったと後悔もしたと坂本に語るミーナ。「今も失うのは恐ろしいが、失わないための努力はする。」とミーナは坂本に銃口を向ける・・・・。》

うひ。力の落ちてきた坂本少佐に引退を勧告するのでしょうね・・・。ミーナさんの歌ってた「リリー・マルレーン」は実際第2次大戦中に流行った歌だそうです。しかし、照れてるサーニャさんに若干萌え(汗) 
R21900.jpg
ギアスです。今週は「うお、展開はええ」という感じでした。最終話に向けてヒートアップな感じ。しかし22日にDVDとBlu-rayの1巻が発売されるというのに、BIGLOBEで期間限定の無料配信をするそうで、販促としてはどうかという気もしますが、無料配信効果でファンが増えると期待しましょう。では本編ネタバレで。




R21901.jpg
《トウキョウ租界での爆発を確認しても、皇帝は「全てシュナイゼルに任せよ。」と言い、神根島に居た。フレイヤによる1次被害者は1,000万人、2次被害者は2,500万人と推定されるという。朝比奈以下多数の被害を出した黒の騎士団、藤堂は撤退を進言するが、錯乱しているルルーシュは、全軍降下してナナリーを捜索せよと指示を出すのだった。》

1,000万人って・・。ちなみに広島の原爆で10数万人だそうですから、とてつもない被害だということですね。「戦じゃない。」と言っているジノさん、使用させたシュナイゼルへの不信でしょうか。ルルーシュはほんとにナナリーの存在が弱点でしたなぁ・・毎度ナナリーが絡むとダメな子になってしまいます。まぁ仕方ないですけど。そいや先週時点では公式サイトで「行方不明」だったナナリー、咲世子、ローマイヤ、ギルフォードあたりが、更新されて「死亡」になってます・・。





R21902.jpg
《脱走したコーネリアをディートハルトが追い詰めるが、そこへブリタニアの外交特使として、シュナイゼルが自ら斑鳩へ乗り込んでくる。藤堂は錯乱するゼロの指示を無視しし、全軍を撤退させる。カゴシマ戦線でもビスマルクが軍をひき停戦した。疲弊したルルーシュに、「兄さんには僕がいるから・・」となだめるロロ。だがルルーシュは、「ナナリーの代わりになるものか!この偽物め!」「出て行け!2度と俺の前に姿をみせるな!」とロロを罵倒し、追い出してしまうのだった。》

シュナイゼル自ら出てきました。フレイヤが撃たれた時に、笑っていたのは、この会談に持ち込みやすい状況になるからでしょうね。善人にみせていますが、人の命はかなり軽く見る人です。ルルーシュは遂にぶっちゃけちゃいました。ロロの能力はまだまだ活用できたはずなのに、全く冷静さを欠いています。まぁこれも仕方ない・・が、これが悲劇のフラグとは・・。




R21903.jpg
《自らが開発したフレイヤが招いた惨劇に落ち込むニーナ。突然のシュナイゼル来訪に戸惑う黒の騎士団幹部だが、ゼロへ連絡がつかないため、ゼロ抜きで会談に臨む。シュナイゼルかコーネリアからギアス嚮団で彼女が得た情報を聞き、「これで私は・・」と呟く。》

全視聴者がつっこんだでしょうが、ニーナ(笑)ブリタニア人に被害が及ぶとは全く考えなかったとしたら、すでにニーナの心は壊れています。玉城に関するシュナイゼルのくだりは爆笑でしたが、黒の騎士団について入念に下調べをしてこの会談に臨んでいるということが伺えます。しかしコーネリアから情報を得たということは、皇帝やV.Vの計画も聞いたということでしょうか。皇帝vsシュナイゼルな展開も近そうです。会長生きてたー、リヴァル良かったね。




R21904.jpg
《シュナイゼルとの会談が始まる。シュナイゼルはゼロの正体がブリタニア皇族、ルルーシュであると明かすが、ディートハルトがゼロの系譜は関係ない、彼が起こした奇跡に我々は賛同しているのだと反論する。が、シュナイゼルはその奇跡も、ギアスという人を操る力によって演出されたものだと言い、証拠を求められると、スザクとルルーシュの会話データ、ギアスをかけられたとおぼしき人物の資料を提示する。ヴィレッタとともに現れた扇も、シュナイゼルの説を後押しする。完全にゼロへの信頼を失う幹部たちに、シュナイゼルはゼロを引き渡して欲しいと依頼するが、扇は交換条件として、日本の返還を要求する。》

この会談に関するシュナイゼルのシナリオは完璧な感じ。「私も操られていないという保証はない。そう思うと恐ろしくて・・」なんて白々しい演技まで入ってます。しかし扇さんの要求は想定外だったようで、シュナイゼルも驚いてますが、どう返答したんでしょうかねぇ。今回の話ではそこには言及されませんでしたが、来週のお楽しみですか。とりあえず返還するとか言っちゃいそうな人ですけどね。




R21905.jpg
《扇に頼まれ、ルルーシュを呼びにきたカレン。様子のおかしいC.Cに驚くが、ルルーシュから記憶を無くしていると聞かされる。呼び出された格納庫へつくと、武装した黒の騎士団幹部がゼロへ銃口を向けていた。驚くルルーシュだったが、シュナイゼルによる仕掛けだと気づくと、万一にも逃れる隙はないだろうと諦め、死を覚悟する。仮面をはずし、「お前たちは駒だった。ゲームだったんだよ!」と悪ぶるルルーシュ。激昂した藤堂達の銃撃がルルーシュを襲った時、ロロの乗った蜃気楼がルルーシュを救った。》

いつものルルーシュならこの程度のピンチ、口八丁手八丁でごまかしそうなものですが、ナナリーを失い無気力なだけに、シュナイゼルに追い詰められたと気づけば白旗もやむなしか。「ゼロを引き渡して欲しい。」と言われたのに銃殺する展開になってるのがちょっと謎ですけど、「日本返せ」発言の影響ですかね?




R21906.jpg
《ルルーシュを救うため、ギアスを広範囲に連射するロロ。「ギアス嚮団に利用され、ルルーシュに利用され、ずっと誰かの言いなりだった自分だが、今は自分の意思でルルーシュを助けている、やっと人間になれたんだ」、と語るロロは、ルルーシュの制止を聞かず、使用中は心臓が停止するギアスを使い続ける。あんな事を言った自分を何故助けるのかと戸惑うルルーシュだが、「兄さんは嘘つきだから、僕を殺そうとしたなんて嘘だよね・・」と言うロロは、息を引き取った。全てを失ったルルーシュだが、ロロが繋いでくれた命で、打倒皇帝を誓うのだった。》

散々に歪みまくっていた偽兄弟の結末が、まさかこんなにも悲しく、泣けるものになろうとは想定外でした。シャーリー殺したこと思うと憎いんだけど、まぁ最後に株を上げて逝きましたなぁ・・。さて、スザクも狂っちゃった感じですし、皇帝も「ラグナレクの接続。これで古い世界は破壊され、新い世界が生まれる。」とか言ってますが、やっぱり人類補完計画的な展開なんでしょうかねぇ。



R21907.jpg
R21908.jpg
さて予告ですが、サブタイが「皇帝失格」ということで、いよいよシュナイゼルvs皇帝な展開でしょうか?全遺跡の力を神根島に集結しているような画がありますけど・・・?ジノが槍を突き付けられてますがシュナイゼルに抗議でしょうか?ディートハルトぼこぼこは扇だろうな(笑)神楽耶さんが泣いてますが、今週の流れから藤堂たちがどうするかなぁと想像すると、ゼロは死んだということにするのが無難なんだろうなぁと。扇さんの「日本返せ」がどう展開するのか読めませんが、来週のお楽しみですね。



 
2008/08/19 14:53|コードギアスTB:0CM:4
F1900.jpg
マクロスです。CD関連が絶叫調なこの作品、新OPの「ライオン」も売れそうですねぇ。サントラも2枚目が発売されるようですが、現在着うた専用で配信されている「シェリルの宇宙兄弟船」とかボビーシリーズも収録してほしいですね。まぁニコニコとかで聞けますけど(汗)では佳境に入ってきた感のある、本編をネタばれです。






F1901.jpg
《幼い頃の夢でうなされるランカ。ペットのあい君は何かに反応するかのように逃げ出してしまう。翌日、超長距離フォールドの成功を祝い、「アイモ記念日」として祝日に制定されたこの日、フロンティアをあげてのイベントが開催される。が、ランカとブレラはパレードを欠席してあい君を捜索する。》

ランカの夢がコワイ。お母さんのランシェは、バジュラ化したということなんでしょうかね。変なメガネかけただけの変装がバレないのはお約束(汗)




F1902.jpg
《キャシーとオズマはデートを装いながら、三島の内偵を進める。シェリルの身を案じ、二度と帰らないと誓った実家を訪れるアルト。和装のシェリルに母の面影を感じ戸惑う。アルトに弱みを見せたくないシェリルは気丈に振る舞い、飽きたら歌手は辞めると言いだす。自分にとってもランカにとっても目標であり、希望であったシェリルの態度が許せないアルトは、「美星でランカのライブがある。俺もスタントで飛ぶ。必ず来い!」と言い残して立ち去る。》

キャシーとオズマのバカップルぷりが面白かった。アルトのお母さん綺麗な人ねぇ。シェリルは病気を知って、ツン要素が増量中か。





F1903.jpg
《グレイスは、マオもランシェも解けなかったクイーンの謎が解けたと喜び、三島も計画を実行に移すと不敵に笑う。自分をアルトの母と重ねさせて、アルトが戻ってくるよう仕向けたのかと矢三郎を問い詰めるシェリル。矢三郎は舞台上での感動を一度知ったものは、決してそれを忘れられない、あなたもそうでしょう?と切り返す。三島の計画の全容を掴んだオズマとキャシーは、告発の覚悟を決める。打ち解けてきたブレラとランカ。なぜ歌うのかとブレラに聞かれ、戸惑うランカ。みんなに伝えたいと思って歌っていたが、本当はアルトのために歌いたいのではないかと気づき始める。》

クイーンの謎・・・グレイスの目的はまだまだ不明です。アルトのお母さんはやっぱり亡くなってましたねぇ。ラジオのコントCMでいつも「おかあさん、おかあさん、アルトだよう・・」ってやってたのに(笑)




F1904.jpg
《ランカのライブがはじまる。スタントで飛ぶアルトを見て、自分の想いを確信するランカ。ライブ後、ミシェルはアルトに、ランカちゃんかシェリルか、そろそろはっきりさせるべきだと言う。動揺するアルトだが、そこへ、クランに連れられたシェリルが現れる。一方ルカはナナセが描いたあい君の絵を見て、「なぜ船内にバジュラの幼生が・・・」と驚く。》

「いつ死ぬかわからないから、付き合うのはわりきった相手だけ。」というミシェルがかっこよくもあり、なんとなく死亡フラグな感じでコワイ。しっかしまぁ、アルト君究極の選択というか、この状況でどちらか選ぶというのは、厳しいだろうなぁと同情します。あい君バジュラ確定ということで、どう展開するのやら・・。




F1905.jpg
《三島の計画は、大統領暗殺によるクーデターだった。踏み込んだオズマとキャシーだったが、三島は「少し遅かったね・・・」と笑い、その頃三島の刺客が大統領を照準に捉えていた。一方、ライブが終了し、アルトに自分の気持ちを伝えなきゃと急ぐランカだったが、シェリルと抱き合うアルトを見て愕然とするのだった。》

三島はクーデターですか・・。そんな事しなくても自分の好きなように大統領をコントロールしてたように見えましたがねぇ、実権握ったら何をする気なんでしょう。さてアルト君はど修羅場なわけですが、どうしますかねぇ・・。シェリルの真相を知ったら同情票でシェリルに行きそうな気もしますが、まぁ、どちらも選べないのがアルト君らしいような気がします。




F1906.jpg
次回予告です。バジュラがフロンティア内で大暴れみたいです。泣いているのはシェリル?ランカ?オズマとキャシーはピンチみたいですが、オズマの華麗な足払いが炸裂してます。ミシェルがちょっと死にそうな雰囲気?今週の台詞といい、ちょっとヤバいかも?


 
2008/08/19 13:38|マクロスFRONTIERTB:0CM:0
SW0700.jpg
スク魔女7話です。先週でキャラ紹介が一通り終わったと思ってましたが、ハルトマンと隊長がまだだったようです。そんなわけで今週はハルトマンの話でしたが・・・・。まさに公式が病気シリーズ(汗)とてつもなくヒドイお話でした(笑)ではまぁ一応本編ネタバレで・・。






SW0701.jpg
SW0702.jpg
《ずぼらなハルトマンは、ある日、制服の「ズボン」を無くしてしまう。困ったハルトマンは、入浴中のルッキーニの「ズボン」を拝借してしまうが・・・》

あらすじとか書く気の起こらない壮絶な内容でしたぜ、このスタッフやっぱりおかしい(笑)性格が入れ替わるとか、乗る機体が入れ替わるとか、入れ替わりドタバタ話は色々な作品で時折見られますけど、パンツ入れ替わりドタバタ劇は想定外だ(爆)なにより驚いたのは、あくまで「パンツ」じゃなくて「ズボン」だとキャラに言い切らせた事ですが(笑)

「どうした宮藤?何も着けてないないのか、なら私のを貸してやろう。」とパンツを脱ぎだすバルクホルン、「坂本少佐、スースーします!」と泣きつく宮藤に「我慢だぁ!宮藤ぃ!」と言う坂本さんとか、もうみんなオカシイぜ(汗)脚本のイカレっぷりに同調するかのように、無意味なエロアングルと神の光も増量セールな感じ(汗)



まぁとりあえず、エーリカ・ハルトマンが部隊一の天然ってことは把握できました。来週はミーナ隊長の話みたいなので、まともだと信じたい(汗) 
R21800.jpg
ギアスです。いやぁ今週は面白かった、やっぱりバトルが多いと男の子的には燃えますねぇ。しかしながら衝撃的展開はもう止まらない、いったいどーなってしまうのかっ!そんなわけで、以下本編ネタバレですのでご注意ください。






R21801.jpg
《ゲフィオン・ディスターバーで機能停止したトウキョウ租界を攻める黒の騎士団。スザクは意を決し、フレイヤを積んだランスロットで出撃する。「重戦術級の弾頭を搭載している。使用すれば4000万リータ以上の被害をもたらす。」と警告するが、ルルーシュは「お前の言うことなど信じられるか!」と一笑に付し、ジェレミアにスザクを攻撃させる。が、ラクシャータはジェレミアやギルフォードが何故味方になっているのか、疑問を抱く。》

4000万リータがどんな単位なのかよくわかりませんが、一発どこかにかましておかないとブラフとしては機能しないよなぁ。ゲフィオン・ディスターバーは第5世代以前のナイトメアには有効だそうで、機構上どうにも対策できないんですかね。ランスロットは第7世代だけど、以前は効いてたもんねぇ。で、ラクシャータまでゼロに疑念を抱いています。こりゃこの先、大変なことになりそうだ。




R21802.jpg
《ジェレミアに加え、ギルフォードにも狙われ、追い詰められたスザク。かろうじてジノが到着して、危機を免れた。一方、ナナリー確保のため、ロロと咲世子のチームが政庁へ潜入する。》

ランスロットはすっかり弱くなってしまった(泣)ギルフォードはかわいそう。ミレイさんが逃げてるけど・・・無事だったと信じたい。でもってロロはやっぱりナナリー殺る気マンマンじゃないか、ルルーシュのばかぁ。千葉さんフラグどおりに・・・と思ったら朝比奈がナイスフラグブレイク。完全にスタッフは死亡フラグで遊んでるよな(笑)



R21803.jpg
《ジノの参戦で膠着した戦線に、アーニャが加わりゼロを狙う。零距離からのシュタルクハドロンの前に、さすがの蜃気楼も追いつめられるが、アーニャを突如記憶障害が襲い、どうにか逃れる。が、すかさずカゴシマから来たヴァルキュリエ隊とルキアーノが蜃気楼を捕縛する。一方、ローマイヤはカレン処刑を指示するが、間一髪で咲世子がカレンを救出する。》

「ゼロへの援軍は?」「そ、それが、玉城しか・・・」ぶはっ、なんというこの絶望感(笑)で、玉城さん、うしろーうしろー(笑)アーニャの記憶障害は、マリアンヌさんの仕業なんでしょうかねぇ・・?




R21804.jpg
《救助されたカレンは、奪還された紅蓮に乗り込む。ロイドとセシルによって改造された機体を「紅蓮聖天八極式」と名付け出撃する。一方、ルキアーノに追い詰められたルルーシュに、「太平洋上にブリタニア皇帝の旗艦が現れた。」との連絡が入る。」》

新型紅蓮キター。起動画面の動物はセシルさんの仕業か。ちゃんとラクシャータ、ロイド、セシルの連名になっているあたり、ラクシャータへの敬意を感じる。「聖天八極式」ってのは起動画面に出た英文を咲世子さんが適当に訳したみたいですね(笑)第8世代のすげえナイトメア的な英文らしい。




R21805.jpg
《皇帝は、戦場へは向かわなかった。「現実を・・今日という日を大切にしてると思うかい?彼が・・。」と皇帝を侮蔑するシュナイゼル。一方ルキアーノに防御の隙を狙われ、追い詰められたルルーシュだったが、紅蓮聖天八極式が一瞬でヴァルキュリエ隊を殲滅し、救助した。》

シュナイゼルの発言がどんどんと、危険な感じになってます。先週の「偽りの劇場」といい、皇帝は現実世界ではない、なにかに執心しているのでしょうかねぇ?そしてヴァルキュリエ隊、瞬殺(笑)この一瞬のために2人もデザインしたのかと思うと、笑える。可愛いのに、瞬殺(笑)




R21806.jpg
《「使いこなせるデバイサーが乗っているなら・・」60%の出力でも現状のナイトメアでは相手にならないと言うロイド。カレンは一瞬でルキアーノも仕留めると、スザクに迫る。以前は通じたハドロンブラスターを、軽く跳ね除ける紅蓮にスザクは動揺する。一方、死に際の木下から、ゼロのギアス嚮団員惨殺について証言を得た朝比奈は、データを藤堂に転送する。》

やべぇ、紅蓮つえぇ。初登場時は強いの法則があるにしても、強すぎる描写だ。「かませ犬のテンちゃん」ことルキアーノさんが想像以上のかませ犬っぷりでフイタ。でもっていよいよ、離反フラグが藤堂さんにまで、これはもう黒の騎士団終了のお知らせ、といったところでしょうかね。





R21807.jpg
《ナナリーは咲世子のチームが確保に成功する。今のランスロットでは勝てないから逃げろというロイドからの指示を無視して、カレンに挑むスザクだが、一方的に蹂躙される。「フレイヤを使って!」というニーナの指示を頑なに拒むスザクだが、カレンのトドメの一撃を前にスザクが死を覚悟した時、かつてルルーシュがかけた「生きろ」ギアスが発動し、スザクはフレイヤを発射してしまう・・。》

ロロは脱出のどさくさに紛れてナナリーを撃墜するつもりだったということでしょうか。しかし、ランスロットが見るも無残なダルマさんに。まぁこのフルボッコっぷりは、OPに出ている「ランスロット・アルビオン」に強化された時のためのフラグなんでしょうなぁ。でもってまさかの、フレイヤ発射。そうか、こういう発射の可能性があったかぁ・・。





R21808.jpg
《炸裂するフレイヤ。異変を感じた両軍は撤退するが、中心部に近かった者は逃げ切れず、朝比奈とギルフォードが、そしてナナリーを乗せた輸送機が、フレイヤの光の中へ消えていった・・。「ナナリーは死んだんだ。」と言うロロを「嘘をつくな!」と恫喝するルルーシュ。「少しだけでいいんだ、ナナリーと話をさせておくれ・・。」と虚ろな目で呟くルルーシュだった・・。》

撃っちゃった・・。長崎原爆投下の翌日にこれをやるかい・・という気もします。が、あんだけごっそり空間が消えてなくなってるので、ブリタニア人にも相当の被害が出ていると思われますが、大量虐殺的な描写を入れなかったのは配慮してでしょうかね。しっかし、ギルフォードはこれで終了は、ほんと可哀そうだろう。で、ナナリーは・・・?このスタッフだと、普通に「本当に死にました」がありそうで怖い(汗)ひょっとしたらこのまま、みんなどんどん死んで、最後は死後の世界の話になるんじゃなかろうか(汗)
しかし、今回はロリコン南さんが意外にもかなり優秀だと判明。さすが斑鳩の艦長に抜擢されただけのことはある。




R21809.jpg
さて、来週は「裏切り」ということで、いよいよ離反でしょうか。玉城が偉そうにふんぞり返ってるのは、離反で空いた藤堂の席にでも座ってるのかしら・・?まぁ楽しみですわー。 
2008/08/12 15:05|コードギアスTB:0CM:0
F1800.jpg
F1801.jpg
マクロスです。今週からOPが変わりました。銀河系2大アイドル、シェリルとランカのデュエット曲「ライオン」カッコイイ曲です。「生き残りたい」という歌詞が何度も出てきますが、シェリルの現状を考えると悲しい歌詞ですが、なんとなくこの曲の雰囲気は前向きな感じで、これなら生き残りそうな気がしたり。EDの「ノーザンクロス」聞いてるとシェリル死んじゃいそうに感じるんですけどね(汗)
OP画の中では、バトル・フロンティアが変形?な感じの巨大マクロスがー。ってか本来はこれがマクロスサイズですわな。シェリルのセルフおっぱい鷲掴みが話題騒然。泥沼に沈んでいくシェリルも気になる。アルトの機体ナンバリングが「SMS007」なんですが新型?(今もそうでしたっけ?)
ってな感じで、以下、本編ネタバレです。





F1803.jpg
《シェリルは「何故ランカのマネージメントをするのか、なぜ自分をベッドに縛りつけるのか?」とグレイスを問い詰める。が、グレイスはシェリルは所詮作られたアイドルという偶像でしかない、と冷たく切り捨てたうえ、発症していないだけで重い病を患ったままのシェリルはアイドルとしてだけでなく、人間として死ぬと宣告する。一方、ルカは三島に「シンデレラの角笛」と命名した、ランカの歌を活かす作戦プランを提出、大統領もランカの歌でバジュラを殲滅し、新天地を目指す超長距離フォールド計画を決行する決意を固める。》

グレイス鬼畜は想定内。シェリルが拾われたのは本当だったようで、実は全身アンドロイドの完全偶像なんじゃないかと思っていたので良かったかも。グレイスがシェリルを使ってなにをしようとしていたのかは、結局まだうやむやですが、V型感染症の患者としてデーターを取りたかっただけなのかなぁ?






F1804.jpg
《超長距離フォールド計画が発表され、船団に動揺が走る。エネルギーの蓄積が十分ではないため、商業活動や一部交通機関を閉鎖する資源統制モードを発動してまで、行うというからだ。オズマはアルトに、政府はフォールド計画のためにランカの歌を囮にするつもりだと言い、上官としてではなく、兄としてランカを守って欲しいと告げる。また、カナリアは、オズマの死に過剰反応を起こさなかった事から、ランカの記憶が戻る日が近いと予測するのだった。
ミハエルがクランの友人に依頼し調査したシェリルの薬は、V型感染症の発症を抑える薬だった。V型感染症について調査を進めた2人は、第117調査船団でドクターマオがその病気の研究をしていたこと、その共同研究者にグレイスがいたこと、ギャラクシー船団で発見された人間の患者がシェリルである事をつきとめ驚くが、自身も病気について調べにきていたシェリルにその事を聞かれてしまう。》


どうも今回の騒動は、この「V型感染症」なる病気が鍵となっている模様。ドクターマオとランシェ・メイ(ランカのお母さん?)、グレイスの3人でこの病気について調べていたようだし。シェリルはグレイスの手術で感染させられたんじゃないだろうか・・?ヒュドラが凶暴化したという病気だけど、「V型=ヴァジュラ型?」なんて思ってみたり。シェリルのCDワゴンセールは悲しいけど、現実も結構似たようなもんですよね、流行ってた人が一瞬で過去の人に(汗)






F1805.jpg
《病気のことをアルトには言わないで欲しいと言い残してシェリルは去っていった。ミハエルは、「事情は言えないが、今すぐシェリルの所へ行け」とアルトに連絡する。雨のなか宛てもなく彷徨うシェリルの目に、フォールド計画の切り札として記者会見するランカの姿が写る。雨のなか踏みにじられた自分のポスターを前に泣き崩れ、意識を失ったシェリルを救ったのは、アルトの兄弟子、矢三郎だった。矢三郎はアルトに、「心配なら早乙女の屋敷に来なさい」と言い残してシェリルを連れて行く。そんな時、突如バジュラ襲来の連絡が入り、記者会見は中止、アルトにも召集がかかる。》

ランカが安全に歌えるようバトルフロンティアに専用のブースを作っていたところだったのだけど、バジュラの方が早かった。モニターに映るランカと、それを見上げるシェリルの対比がすごく悲しい。





F1806.jpg
《万一の事があっては、と、ランカを出撃させない大統領。フロンティア軍が出撃するが、全く攻撃が効かない。一方的にバジュラに蹂躙され、アルトも追いつめられるが、そんな中ランカが危険を冒して出撃する。ランカの歌で形勢は逆転したため、三島の進言により大統領はこの場で超長距離フォールドを敢行する事を決意する。バジュラに追跡されては意味がないため、歌と威嚇攻撃でバジュラを誘導し、バトルフロンティアの主砲で一掃を図る。》

大統領もうちょいマシな人物だと思ってたのに、株ストップ安。キャシーさんが一番いっぱい買い物してて吹いた。ケーニッヒモンスターに描かれたランカがノーパンだったと初めて気がつく(汗)




F1807.jpg
《作戦は成功し、バジュラは殲滅された。超長距離フォールドを敢行するフロンティア船団。しかし、すでに船団の中にバジュラの巣らしきモノが形成されていたのだった・・》

バトルフロンティアつえぇ。でもこんだけの数を一撃でたおしちゃうと、次はもう効かないじゃないのかねぇ。船団の中にバジュラみたいなのがいますけど、なんとなくシルエットがアイ君っぽいような・・・?







F1808.jpg
次回予告はこれといったカットは無かったですが、アルトが実家にいくみたいで、どう展開するやら。サブタイも「トライアングラー」ということで、船団のために命がけで前線に出るランカと、人気も急落し生命の危機にもあるシェリル、どっちを選ぶと聞かれるとこれはツライですわなぁ・・。 
2008/08/12 13:57|マクロスFRONTIERTB:0CM:0
SW0600.jpg
スク魔女です。今週は、個人的に注目していたサーニャさんとエイラさんのお話。すっかりエイラさんの「ムリダナ」が頭から離れません(汗)では本編ネタバレで。






SW0601.jpg
《ブリタニア本土へ出かけていたミーナ、坂本、宮藤を夜間哨戒していたサーニャが出迎える。その時サーニャのレーダーがネウロイを感知し、サーニャ一人で攻撃するが姿を確認できないまま、取り逃がした。近いうちに再度襲撃があると予測したミーナは、サーニャ、エイラ、宮藤の3人に、特別夜間哨戒任務につくよう命じる。》

サーニャはオレの嫁、っぽいかなぁと思ったんだけど、想像してたのとちょっとキャラが違った。もうちょい綾波系かとおもってたけど、割と可愛らしい感じでした。まぁそれはよし。肝油のくだりには吹いたなぁ、「栄養があれば、味なんてどうということはない。」とかっこよく言い切ったバルクホルンさんが撃沈してるし。おかわりしてる隊長に萌え。肝油は液体は見たことないけど、自分が幼稚園の頃は毎日ドロップを食べさせられたものですが、最近もあるのかなぁ?





SW0602.jpg
《同じ班となり親睦を深める3人。サーニャは家族と生き別れになっており、いつも歌っている歌は、お父さんが作曲してくれた曲なのだという。夜間哨戒開始から数日、サーニャと宮藤の誕生日の日に、ついにネウロイが襲撃してくる。サーニャの歌と同じような音を出しながら、サーニャを狙ってくるネウロイ。サーニャは一人で対応しようとするが、被弾してしまう。そんな時、エイラと宮藤がサーニャを救い、「サーニャちゃんは一人じゃないよ。」と励ます。3人で力をあわせ、かろうじてネウロイを撃退すると、ラジオからサーニャのお父さんのピアノ演奏が聞こえる。どこかでお父さんが誕生日を祝ってくれていると気づき、涙するサーニャ。隊のみんなにも二人の誕生日を祝ってもらうのだった。》

今週もネウロイに知能とかありそうな気配を感じさせました。機械のような生物のような、なんとも言えないネウロイですが、なにか意思はもっていそうですなぁ。と真面目にストーリーを考えてしまった(爆)これでキャラ紹介は一通り終わった感じで、来週からどんな感じになるのか楽しみ。サブタイトルが「スースーする」とかだった気がしますが、そりゃ穿いてないからスースーもするだろうに(汗) 
00CM00.jpg
遅くなりましたが、ギアスの後に流れたガンダム00の番宣映像でっす。いやぁ、やっぱりこういう情報が出てきて、妄想してwktkするのも醍醐味ですよねぇ。そんなわけで、映像をみながら2期の妄想をしてみます。小説版、DVD特典映像、ドラマCD、イベント&インタビュー等の発言、アニメ誌9月号の情報等、公式に発表されている情報も含みますので、ネタバレ遮断中の方はご注意ください。僕も公式に発表されている以外のネタバレは遮断してますので、その辺りはご安心ください。














公式サイトによれば、2期は1期から4年後、地球連邦政府が設立された世界が舞台。連邦正規軍とは別に組織された独立治安維持部隊「アロウズ」が反連邦的な勢力、思想、主義に対して、非人道的な弾圧を行っており、それに対し新生ソレスタルビーイングが武力介入していくという展開のようです。ではそこらを踏まえて、いざ妄想へ。







00CM01.jpg
ティエリアとセラヴィーガンダムですね。1期後半ではヴェーダに捨てられ、割とウジウジ気味のティエリアでしたが、2期では迷いを捨て、自らの意思で戦いに臨むようです。この画像でも明確な決意の感じられる表情をしていると思います。前回の死闘の後、マイスターでは一人だけCBに残留したということで、2期冒頭はティエリアの出番が多そうです。
セラヴィーガンダムはヴァーチェの後継機ということで、やっぱり脱ぐのかしら?ちなみに、「2期のガンダムのデザインが比較的シンプルな理由は作中で明らかにされる」ということですが、もしかすると合体とかしてしまいそうで、ちょっと怖いです。(ギャグまじりのDVD7巻特典映像「第二期予告」で刹那がティエリアに「結婚しよう」と言っているのが、合体の布石かなぁ・・・?とか。)






00CM02.jpg
去就の気になる人物シリーズ。シーリンがパイロットスーツのインナー風な格好してますけど、連邦軍入り?そしてルイスがMSに乗っています。どうも例の「アロウズ」入りしてるんじゃないかなぁ・・。家族を失ってガンダムを憎む気持ちはあるでしょうが、それが軍に入る動機にはならない気がします。一体4年の間に何があったのでしょう?王留美はぐっと大人に。ヴェーダを失ったCBを主導しているのは彼女っぽいですが、若干病んでいる人なので、ちょっと怖いですね。そして沙慈君。1期前半は平和の象徴だった彼も、2期は戦いに巻き込まれまくるようです。ルイスが戦場にいることを知った彼が、どう行動していくのか、ある意味もう一人の主人公的な位置になりそうです。





00CM03.jpg
逆にセルゲイさんとソーマたんが、まったり平和の象徴に?ソーマは1期最終回の連合軍結成のシーンにもいなかったし、退役したのでしょうかね。左下の謎の新キャラは、小説版で名前のよく出るセルゲイさんの息子ではないかと言われています。胸のエンブレムがアロウズのマークなのでしょうか?そして気になる、拘束されているアレルヤ。誰に、いつ拘束されているのか。最終決戦直後だと、キュリオスごとGNドライブも連合軍に抑えられていそうだけど・・?ちなみに「第二期予告」では第3の人格の覚醒が示唆されてましたが、まぁありそうですねぇ。






00CM04.jpg
00CM07.jpg
続いて貧乏王女マリナ様。シーリンも出て行ってしまい、一人で頑張るみたいですけど苦労しそうですねぇ。アザディスタンは反連邦な思想の人が多いでしょうから、アロウズの標的にされてしまいそうですし。右上は新キャラですねぇ、ジャーナリストでしょうか?わざわざ番宣にいれるのだから、重要キャラかもしれません。そして我らがせっちゃん。とりあえず1期の後、世界を放浪していたけど、アロウズの酷いやり方を目の当たりにし、CBに復帰するようです。
2期のせっちゃんは、1期と比べると、迷いながら戦うらしいです。「第二期予告」で「俺はガンダムだった」と過去形で話していますが、どれだけ頑張っても紛争の無くならない世界で「ガンダム」の存在意義、自身が戦う理由等迷いながら、どう答えを出すのかが話の軸になるのでしょうか?
小説版によると、クルジスでせっちゃんを助けたオーガンダムのマイスターは「リボンズ」(小説読んでない人には超ネタばれになるので、伏字にしときます。)だったようですが、それを知った時せっちゃんがどうするのかも注目です。




00CM05.jpg
00CM06.jpg
メカ編です。赤いジンクスみたいな奴が、アロウズの機体なんでしょうかね。なんとなくルイスが乗っていそうな気がします。撃墜されてるのはイナクトですし、ティエレンも確認できますね。疑似太陽炉搭載のジンクス型が主力となっているでしょうから、この手の旧型を使っているのはテロリストとかでしょうか?






00CM08.jpg
新型プトレマイオス。操舵手のリヒティが戦死しましたが、なんとびっくり生きていたラッセが操舵手を担当するらしい(汗)あれで生きてるならみんな生存しててもいいじゃん(怒)ちなみに、23話のロックオン・ストラトスの最期については、あれは間違いなく死んでいるそうです。(イベントにて監督談。)2期に出てくるのは噂の、もう一人のロックオンでしょうけど、どう登場するのかなぁ。
でもってダブルオーガンダム。太陽炉2基搭載していますんで、強いんでしょう。やっぱりバンダイさんの圧力大人の事情で1話から登場するのかしら(汗)1話でせっちゃんがCBに復帰するのは、ちょっと駆け足な気がしますけど。




1期のキャラで音沙汰がないのがスメラギさん。まぁ伏線回収してないので、出てくるでしょうけど。ハムさん、炭酸さん、ぎっちょんも新情報は出ないですが、1期最終回で4年後にも健在なのはわかってるので、どう登場するか楽しみ。ちなみに「グラハム・エーカーは死んだ」ということで、怪しい仮面の男として登場するようです。ドラマCDのキャストコメントで、中村さんが「秋からのグラハムも更に怪しく・・・」と言いかけてNG食らっていたので、あくまでグラハムじゃない、ということらしいです。2期では更なるネタキャラになりそうですね(笑)まぁそんな感じで、10月が楽しみでっす。 
2008/08/08 07:43|機動戦士ガンダム00TB:0CM:0
R21700.jpg
ギアスももう17話です。序盤は「視聴率が・・」とか流出騒動とか、ネガティブな話題に事欠かなかったギアスですが、ここまで進むとさすがに盛り上がってきた感があります。まぁ視聴率は相変わらずみたいですけど、作品が悪いのか枠が悪いのかは次のガンダム00が答えを出してくれるでしょう。
では、本編ネタバレです。






R21701.jpg
《カゴシマ租界沿岸を星刻率いる黒の騎士団が攻める。このエリア11争奪戦は勝った方が一気に優位に立つ天王山だ。一方ルルーシュは、ナナリーを救ってもらうためスザクに会いに、約束通り一人で枢木神社へ向かった。》

いざ決戦って感じです。ブリタニアはあっさり沿岸まで攻め込まれてますけど、艦隊が展開してないのはやっぱ、スザク君がルルーシュにしてやられてごっそり転覆しちゃったからでしょうか(爆)かませ犬っぽかったルキアーノは、とりあえず今週は強い感じ。まぁ雑魚相手ですからね、来週に期待(笑)








R21702.jpg
《カゴシマでの戦闘が始まっても、シュナイゼルはトウキョウに残っていた。平静を装うことで、諸外国にアピールするためだ。戦況はブリタニア優勢だが、ビスマルクは「ゼロの作戦にしては軽すぎる。」と疑問を抱きながら、ギャラハッドを出撃させる。ルルーシュを待ち受けたスザクは、「よく僕の前に顔を出せたな。」と罵倒する。一方伏兵としてトウキョウに向かっている斑鳩の藤堂達。千葉と朝比奈はゼロへの不信を露わにするが、藤堂は「今は必要な力だ。」と説き伏せる。が、朝比奈の「日本を解放したら?」の問いには答えない藤堂だった。》

シュナイゼルの読み筋ってのは、スザクを追えばゼロが捕まる=戦争終了ってことですかね。
斑鳩って潜水もできるのねぇ。太平洋の時も平然と潜水艦で救助にきたけど、ブリタニアの対潜哨戒はザルな感じです。やはり藤堂たちは日本解放が実現できたらゼロに従うつもりはなさそうだ。ヴィレッタさんはディートハルトが拘束ですか。これがどんなフラグなのかは、想像もつきません。




R21703.jpg
《ユーフェミアにギアスをかけたこと、シャーリーを死なせたこと、素直に自分の罪だと認めるルルーシュ。だがナナリーに罪はないから、救ってほしいとスザクに懇願する。一方ビスマルクは、指揮官である星刻に狙いを定める。ビスマルクが駆るギャラハッドの剛剣エクスカリバーは、神虎の天愕覇王重粒子砲すら一振りではじいた。戦況はどんどんとブリタニア優勢に傾いていく。》

予想通りなんだけどギャラハッドつええぇ。しっかしこんだけナイトメアが登場してきても、そんなに戦闘シーンが多い作品ではないので、もったいないですなぁ。本気でVSシリーズみたいなゲームでも出す気なんだろうか(笑)しかし、今週、カレンの胸がでかすぎじゃないでしょうか?(爆)





R21704.jpg
《ルルーシュの態度に激昂するスザク。土下座したルルーシュの頭を踏みつける。それでもルルーシュは一切の弁明をせず、スザクにギアスをかけたこと、スザクを処刑から救ったこと、ホテルジャックから生徒会メンバーを救ったこと、全て自身の利益のためにやったこと語る。その様子が自分自身と重なって見えたスザクは、全ての業を一人で受けるために嘘を言っていると気づく。「正義の味方だとウソをついたのなら、本当にしてしまえばいい。一緒に戦いを終わらせよう。」とスザクがルルーシュに手を伸ばしたとき、カノン達が現れルルーシュを拘束する。スザクにはめられたと誤解したルルーシュは「裏切ったなぁぁぁぁ!」とただ叫ぶのだった。》

なんとも想定外の展開で、ルルーシュが捕まりゼロの正体までバレてしまうという。誤解なんだけど、スザクにはめられて切れてるルルーシュ君ですが、自分もかなり酷い裏切りをしてるだけに、同情はしづらいところ。ジノとカレンのくだりは、スザクが何だかんだ言ってもルルーシュや生徒会の仲間との楽しい日々を取り戻したいと思っているってことですかねぇ?このジノのナンパが元でブリタニア入りはしないよなぁ?




R21705.jpg
《ルキアーノは損傷した自軍の艦を、黒の騎士団の旗艦「大竜胆」に向けて落下させる。星刻は大竜胆を護るため、あえてギャラハッドの剣撃を受け天愕覇王重粒子砲でブリタニア艦を破壊したが、神虎は中破し、星刻も負傷してしまう。》

「天子様を護るために、仕方なくやられたんだからねっ!」という感じで、神虎やられちゃいましたぁ。防御がハーケンぐるぐる回すしかないあたり、他のエース機と比べると神虎はもろいような気もします。




R21706.jpg
《スザクを追えばゼロを捕えられると指示したのはシュナイゼルだった。皇族殺しのゼロの正体が、弟のルルーシュと知り悲しむシュナイゼル。それでも命は救えるよう皇帝にとりなすから信じろというシュナイゼルだが、「信じるのはもうやめたのです。」と語るルルーシュは、ギルフォードに仕掛けておいたギアスを発動させる。ルルーシュ=コーネリアと認識したギルフォードは、ルルーシュを救出する。ギルフォードの寝返りに動揺するブリタニア軍だが、シュナイゼルとカノンは、スザクがその秘密を知っているはずだと、詰問する。》

これはルルーシュ上手い掛け方だなぁ。ギルフォードの性質を考えれば、いざという時にいくらでも命令を出せるという。でもまぁ黒の騎士団に入団させるわけにはいかないので、適当なところで始末しちゃうつもりなんだろうなぁ。で、皇帝さんが何かしてますけど、これはルルーシュにぶっ壊された一連のシステムの復旧が完了したってことなんですかねぇ?地図のマークはおそらく例の遺跡のある場所だと思われますし。




R21707.jpg
R21708.jpg
《スザクの知っている情報がなければアンフェアな戦いを続けなければならない、とスザクに迫るシュナイゼルとカノン。一方ルルーシュは、ギルフォードと共にトウキョウ租界に向かった。万全の迎撃態勢で迎えたブリタニアだったが、ルルーシュが仕込んでおいたゲフィオン電車を起動させると、トウキョウ租界一帯の電力供給がストップし、ナイトメアも行動不能となった。ゼロの合図で海中に潜んでいた斑鳩等の艦隊も浮上し、一気にトウキョウに攻め込む黒の騎士団。しかしルキアーノとヴァルキュリエ隊がカゴシマからトウキョウへ向かい、また、スザクからギアスの事を聞き出したシュナイゼルは、「今、全てのカードは、我が手の中に。」と不敵に笑う。スザクは、自分がギアスの事を隠していたばかりに戦線が拡大したことを罪に思い、贖罪のため、フレイヤを搭載したランスロットに乗り込もうとするが・・。》

「租界の構造は修正済みだ!以前のようにゼロがここを壊すことは不可能だ!」と嬉しそうに語ってますけど、2回同じことやられただけで十分ダメだから(笑)1年前にやっとけと。ゲフィオンディスターバーの対策は一般には普及してないのですのぅ。黒の騎士団の機体はみな対策済みなんだろうな?
でもギアスまでシュナイゼルにバレたことで、かなりピンチなルルーシュ君。ブリタニア皇族であるという正体と、ギアスで人を操ってると公表されるだけで、内部崩壊間違いなし。さてシュナイゼルはこのカードをどう使うでしょうかねぇ。でもってロロにナナリー任せるって・・・ルルーシュはアホか?それとも何かロロに罠しかけてるんでしょうか?で、スザクは撃つのか?撃ちそうだなぁ・・さらなる鬱展開かぁ?






R21709.jpg
R21710.jpg
では次回予告っと。オレンジ君はジークフリートで出撃。蜃気楼が拘束されてますけど、ルキアーノ&ヴァルキュリエ隊かな?ここでルキアーノ爆死してくれそうだ(笑)咲世子さんのスク水忍者ついに登場!驚いてるルルーシュの顔が変な色に染まってますけど、まさかフレイヤ発射?また見てギアスの画は誰なんだろうと思ったら、たぶんヴァルキュリエ隊の人なのね。ルキアーノのさん殺人ジャンキーなうえに、部下はハーレム状態とは酷いキャラだ(爆) 
2008/08/05 17:02|コードギアスTB:0CM:0
F1700.jpg
マクロスです。今回はもう、先週の予告もサブタイトルも、オズマ兄さんの死亡フラグ全開バリバリだったおかげで、観るのがつらかったです。それではさっそく、本編ネタバレで。






F1701.jpg
《ランカのリベンジライブ当日。10年前ランカを引き取った日のこと、はじめて「お兄ちゃん」呼ばれた日のことを思い出すオズマは何かを決意し、ライブのチケットも持たずに家を出た。アルトとミハエルは、無断でシェリルをS.M.Sに連れ込んだ懲罰を受ける。依然シェリルの体調が悪いと聞いたミハエルは、グレイスが落とした薬が怪しいと睨み、クランを呼び出し薬学部の友人を紹介して欲しいと頼む。とその時、ミハエルはルカが怪しい男たちに連れて行かれる場面を目撃する。》

冒頭かららめぇぇぇぇ(泣)むっさい軍人一人暮らしなのに、こんな幼子を引き取って大変だっただろうなぁと思うと、泣けてきます。フロンティアNO.1種馬のミハエル、女子記憶メモリーの容量はすさまじいらしいが、これはクランがちょっとカワイソス。しかしチビクラン、萌え(汗)








F1702.jpg
F1703.jpg

《一連の騒動は、レオン三島とギャラクシー一行が怪しいと睨むオズマとキャサリン。オズマは、現状の装備で十分バジュラと戦えるのに、何故ランカの歌が必要なのかと疑問を口にする。一方、アルトを呼び出したランカも、対バジュラのために自分が歌うのが良いのかどうかアルトに尋ねる。アルトは、今は人類かバジュラか、どちらかが生き残る瀬戸際で、人類が生き残るためにランカの歌は必要だと思うと答え、決心を固めるランカだった。》

冒頭から執拗に出てくる「パインケーキ」、TV版マクロスのフォッカーの死亡フラグが「パインサラダ」だったそうで、そのオマージュらしい。(初代マクロスは劇場版しか記憶に残ってなかったです、はい。)しかしランカが飼ってるアイ君、アルトの紙飛行機をもしゃもしゃ喰ってる描写がなんだか獰猛。まぁバジュラなんでしょうなぁ・・。




F1704.jpg
《レオン三島に呼び出されたルカ。バジュラの体内でのみ生成される石、「フォールドクォーツ」。その力を利用すればフォールド断層に遮られることなく、銀河の通信と物流を独占できる、それがビルラー氏の狙いでは?と推論を語るルカ。だが、レオンとグレイスは、「我々の目的は更に進んだところにある。」と語る。一方、バジュラの死骸を回収している異星生物研究所が怪しいと睨んだオズマは独自に調査に向かうが、オズマを監視していたブレラの襲撃を受ける。が、そこへバジュラ襲撃の連絡が入り、2人にも出動要請がかかった。》

うーん。バジュラの体内でのみ生成されるのか。養殖とかする気でしょうかね。で、ランカの体内にもこの石が入っていそうな気がします。実験で入れたとかなのかなぁ?バジュラのデーターを表示しているモニター、右下のウインドウにアイ君が表示されてますね・・・。
オズマ兄さん本日1回目のピンチ(汗)上の人間が怪しいと睨んで独自調査するも、刺客送られてチボンってまぁなかなかテンプレ通りな感じでしたが、超人的な体術でブレラと互角だったのでセフセフ、ほっ。
ナナセがランカプロジェクトに採用されましたが、どうせグレイスろくな事考えてないだろうなぁ。友人の危機が歌にどう影響するかとか、そういう実験に使うのでしょうか。




F1705.jpg
《ランカの歌無しでバジュラを迎撃するフロンティア軍。前回の損害を考え、最初から反応弾を使用したが、バジュラに全く効かず動揺が走る。その他の攻撃も効果がなく、混乱するフロンティア軍。防衛線を突破したバジュラ1体がマクロス25に迫る。バジュラの砲撃がブリッジに直撃、と思われたその時、オズマ機が身を挺してマクロスを庇った。》

オズマ兄さん本日2回目のピンチ。母艦のブリッジ直撃弾を身を挺してって、もろにムウさんでしたか(笑)ベタすぎてさすがにこれでは死なないだろうと思いましたが、それでもハラハラ。マクロスはブリッジ剥き出しで前から「危なくね?」と思ってましたが、まぁ万全ならちゃんと防御手段はあるんでしょうかね。今回は不意をつかれたということで。






F1706.jpg
《中破した機体で苦戦するオズマをブレラが救った。ブレラは、「バジュラは受けた攻撃のデーターを群れにフィードバックし、進化する。同じ攻撃を何度も繰り返すとやがて効かなくなる、自分のビーム砲をいずれは効かなくなるだろう、だから歌が必要なんだ。」と語る。オズマはそれを聞いても、「最後まで戦う意思は捨てない!」と、唯一効果のあるビームダガーを構えてバジュラへ特攻する。》

「反応弾がダメならミサイル、ミサイルがダメなら銃!」「最後は拳になろうが、歯だろうが爪だろうが!」「妹も、惚れた女も守れないで、何が男だ!」カッコイイけど、カッコイイけど、逝ったらだめだぁぁぁ。





F1707.jpg
《かろうじてバジュラを撃退したS.M.Sの面々はランカのリベンジライブを鑑賞する。泣き虫だったランカが立派に歌う姿を確認し、「もう、いいんだな、俺・・・。」と目を閉じるオズマ。キャサリンがふと、オズマの様子がおかしいと思ったとき、オズマの足元には大量の血だまりができていた。「オズマ!オズマっ!」キャサリンの悲痛な叫びが響く・・・。》

兄貴生きてたよぉ、ライブに来てるよぉ!と思った矢先に、これかyp!!うわぁぁぁぁん(泣)と思ったら・・・。
てかVF-25って本体は結構防御力あるのに、パイロットがダメージ受けやすいよなぁ、いつぞやのミハエルとかも。新たに生まれそうなバジュラが、なんだかアイ君っぽくないかい?




F1708.jpg
《オズマは一命を取り留めた。安堵するS.M.Sの面々。一方、グレイスの前にシェリルが現れる。「グレイス、私たちじっくり話し合う必要があるわよね?」》

やられたぁぁぁぁぁ、スタッフに遊ばれたぜぃ。「って死んでたら最高に感動的だったんだけどねぇ・・。」とはやられたぜぃ。「言っただろ。俺は死なない。」ってこれ視聴者に向けて言ってるだろう(笑)もうここまで生き延びたんだから、最後まで死ぬなよ!
さて、シェリルとグレイスが修羅場だぜぃ・・。




F1709.jpg
さて、予告ですが、特にこれは、というカットは無いですね。シェリルがいらない子宣告されてしまう感じです、カワイソス。来週からOPが変わるのかなぁ?楽しみでっす。

 
2008/08/05 12:11|マクロスFRONTIERTB:0CM:0
SW0500.jpg
スク魔女でっす。ずっとストライクウ「イ」ッチーズだと思ってたら、小さい「ィ」だった罠。ニコニコで検索して気が付いたのは内緒(汗)今回は最巨乳シャーリーと最貧乳ルッキーニのお話ということで、タイトルからしてやばめですが、脈絡のないエロ要素が増量されてきた感じがします(汗)では、本編ネタバレで。







SW0501.jpg
《翌日海岸での訓練を行うと告知されるウィッチーズ。洋上に墜落した場合を想定しての訓練だ。芳佳とリネットはブリーフィングに参加していなかったシャーリーとルッキーニに、訓練の件を伝達に行く。シャーリーはハンガーでストライカーユニットの調整を行っていた。時間があれば常にハンガーに籠っているというシャーリー、こだわりはスピードだった。この日の飛行テストで、遂に自己ベストの時速800Kmを達成する。》

いきなり、「だめ、リーネちゃん、いやっ、おっきぃ・・・」なんてシーンで始まるからもう(汗)しかも寝る時はノーパンですかい。とりあえず宮藤はおっぱい星人らしい。「ルッキーニさんは基地のどこかで寝てると思うから」ってことで、OVAの設定紹介では基地の至る所に営巣してるって言ってましたな(爆)
シャーリーは最巨乳+最速だった模様。元ネタとなったチャック・イェーガーというパイロットは、世界初の超音速水平飛行を達成した人らしい・・ふむふむ。





SW0502.jpg
SW0503.jpg
《元々バイクレースのチャンピオンだったというシャーリーは、高速飛行をする部隊があると聞き志願したと、ウィッチーズ入隊の動機を語る。夢は音速を超える事。その夜、ハンガーで居眠りしていたルッキーニはシャーリーのストライカーユニットを壊してしまうが、適当に修理してその場を凌ぐ。
翌日、海岸での訓練をしていると、予定より2日も早くネウロイが侵攻してきた。誰よりも早くシャーリーが出撃する。》


普段のぱんつが酷すぎるせいで、水着がまったくエロくない(汗)海軍の二人は上着脱いだだけですかい。サーニャとエイラのロシアコンビ、出番は少ないけど、なんかいい味出してますなぁ。「ムリダナ」の印象が(汗)






SW0504.jpg
《敵ネウロイは超高速型、ロンドン方面へ向かっている。芳佳とリネットも後を追うが、全く追いつけない。シャーリーの速さに託すミーナ。しかしルッキーニが、昨晩シャーリーのユニットを適当に直した事を白状する。坂本はシャーリーに帰還を指示するが、どんどんと加速するシャーリーの耳には届かない。「いつもと何か違う?」と感じた時には、すでに超音速域まで加速していたシャーリー。想定外の速さでネウロイに追いついたシャーリーは、そのまま体当たりでネウロイを撃墜する。意識を失い墜落するシャーリーだが、かろじて芳佳とリネットに救出された。》

ユニット不良>ピンチ>芳佳が救助のパターンかと思いきや、逆かい(笑)何日もハンガーに籠り続けたシャーリーの努力を、てきとーな修理で上回ったルッキーニに乾杯。しかし今回も見事な神の光。そして宮藤、おっぱい揉み過ぎ(汗)

来週はサーニャとエイラ、ロシアコンビのお話っぽ。ちょっと楽しみ。


 

ブログ内検索 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。