元FF11プレイヤーの気ままな生活&アニメ、映画の感想等

プロフィール 

であなもん

  • Author:であなもん
  • FC2ブログへようこそ!
 

ブロとも申請フォーム 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
R21100.jpg

ギアスです。1期から膨大な伏線を張っている作品ですが、もう2期も折り返しということもあり、ぼちぼち伏線回収に入り始めた感じで目が離せません。ではさっそくネタバレで。






R21101.jpg

《アッシュフォード学園にいたルルーシュは、咲世子が変装した影武者だった。シャーリーに優しくしすぎだとロロにたしなめられる。一方、天帝八十八陵に籠城した黒の騎士団。歴代天子を祀った陵墓でもあり、また黒の騎士団が天子を確保していることから、大宦官たちもそう大胆に攻撃はしてこないかと思われたが、予想に反し容赦のない猛攻が仕掛けられた。》

咲世子さんの変装でしたか。しかしすごい変装マスクだ、ラクシャータ製か?しかしルルーシュはシチュエーションで演技変えなきゃいけなくて大変なわけですが、ここにきて「咲世子が変装しているルルーシュ」の演技も加わった福山さん大変そうです(笑)






R21102.jpg

《「天子などただのシステム。すでに次の天子は手配した。」と語る大宦官は、天子ごと黒の騎士団の抹殺を図る。ブリタニアの援護をもらった大宦官は同時に、星刻らクーデターを起こした一派にも攻撃を仕掛ける。航空戦力の数で圧倒的に不利な黒の騎士団。頼みの藤堂もスザクに、星刻もジノに抑えられ、爆撃部隊に対処しきれない。》

あんだけ強かった神虎も「強いのは初登場時だけ」の法則に基づき、角付きミクロマンことトリスタンに苦戦。ま、こういうのは全体の戦況がパイロットの心理状態に影響しますからね。今回のは天子の身を案じながらの星刻が気力80くらいだったってことで(汗)1期から陸戦兵器ばっかりだったギアスだけど、ちゃんと爆撃機とかいるのね。今は飛べるナイトメア増えたけど、1期の頃ならナイトメアより爆撃機のほうが強かったのでは・・・・。






R21103.jpg

《大宦官に通信で、「天子がどうなってもいいのか?」と問うゼロ。だが領土と不平等条約の締結を条件にブリタニアでの爵位を約束された大宦官たちは、主や人民など自分たちには関係ないと言い切る。戦いを止めさせたい天子は、自らイカルガの甲板に飛び出すが、大宦官の命で一斉射撃が仕掛けられる。星刻が身を挺して砲撃を防ぐが、さすがの神虎でも耐えられない。しかしその時、ゼロの駆る新型ナイトメア、蜃気楼が星刻を救った。》

「天子殺し、最後の一手は大宦官に。」とか言ってしまうあたり、シュナイゼルは冷酷。しかし天子様は近年稀にみる萌え萌えキャラだ。(しつこい)でもって、今作ずっと鬼畜ポジションを維持してきたゼロが今回はなんだかヒーローっぽいぞ(笑)





R21104.jpg

《ガウェインのドルイドシステムを流用して作られた蜃気楼。その絶対守護領域の防御力はすさまじく、中華&ブリタニア連合の猛攻を全く受け付けない。反撃を加えながらゼロは星刻に「誰と組むべきなのかわかっただろう?」と問うが、星刻はそれでも部下になるつもりはないと切り返す。がゼロは「当たり前だろう、君は国を率いる器だ。」と、このクーデターの成功を要求する。「そのナイトメアで戦況を覆せると?」と問う星刻に、「戦況を覆すのは戦術ではない、戦略だ。」と答えるゼロ。その時、上海で民衆の暴動が発生したという報告が入る。》

ドルイドシステムはガウェインに積んでいた電子解析システム。これで敵の攻撃を解析して完璧に防御してるってことなんでしょうかね。攻撃も無差別拡散攻撃系、これもドルイドシステムで制御してるだろうから精度は高そう。完璧な防御と適当に撃っても当たる攻撃という点で、まさに操縦ヘタレな指揮官向けだ(笑)しかしまぁルルーシュの三枚舌に星刻さんまで餌食に・・合掌。



R21105.jpg

《上海だけではなく中華連邦14か所で同時に民衆の蜂起が発生した。元々星刻が民衆の蜂起を計画したいたところへ、先の大宦官との通信をゼロが漏洩したため一気に暴動へ発展したのだった。勢いに乗り盛り返す黒の騎士団。暁に乗ったC.Cがモルドレッドと接触すると、アーニャと激しく反応、幼い頃のルルーシュやナナリーの様子がC.Cに流れ込んでくる。「そういうことだったのか・・」と呟くC.C。一方、民衆の支持を失った大宦官にブリタニアに入る資格はないと、シュナイゼルは撤退を指示、ブリタニアに見捨てられた大宦官は、星刻の剣で粛清されるのだった。》

アーニャは一体何者なのでしょうねぇ。流れた記憶の中にマリアンヌの姿もあったけど・・それを観てるってことはマリアンヌ本人ではないのかなぁ・・・もしかしてコーネリア?謎です。シュナイゼルの「皇帝だったらどうしただろうねぇ・・」の台詞、しきりにこの手の言葉を発するあたり、皇帝への反逆でも企てている感じなのでしょうか。




R21106.jpg
R21107.jpg

《カレンはスザクに連れ去られ、奪還はならなかった。ブリタニアでは、V.Vからパドレー将軍にジェレミアの最終調整が命ぜられた。星刻との再会に涙する天子。ディートハルトが天子の婚姻が流れたことを世界に通達する意味で、誰か日本人と天子を結婚させたらどうかという進言を受け、乗り気のルルーシュだったが、神楽耶、C.Cら女性陣から猛反発を受け動揺する。偶然電話のかかってきたシャーリーに相談したルルーシュは、人を想う力が世界を変える力になる事もあると気づき、天子の想いを尊重する。ゼロの判断に心を打たれた星刻は、共に目指す未来のために協力することを誓う。》

このカレン&グレン拉致により輻射波動システムがブリタニア側に流入するのだろうか?ドルイドシステム盗まれちゃったし、ロイドさん黙ってないでしょうな。オレンジ君の改造はC.Cと同等の力を与えるのが目的だったとは・・成功したらギアス能力を付与できるようになるのかしら?
いやはや天子様の結婚、藤堂か玉城あたりにってそりゃあなた女性陣どころか視聴者も許しませんよ!しかし今回はヒーロー路線のゼロ、しっかり空気を読んでいい判断でした。




R21108.jpg

《シャーリーに地下司令部の入り口を見られそうになった咲世子は、キスをしてごまかしてしまう。一方、中華連邦の攻略に成功したルルーシュは本来の目的である「教団」の調査を開始する。「教団」はギアスの使い手を生み出し、研究している機関で、現在の当主はV.Vであるという。現在の拠点は中華連邦内にあるらしいが、詳しくはわからない。中華連邦の治安維持は星刻と藤堂に、教団の捜索はC.Cに一任し、一旦エリア11に戻ったルルーシュを待っていたのは、学園に転入してきたジノとアーニャだった・・・。》

咲世子さん・・・すっかり1期DVDおまけ映像の「咲世子の日記」状態ですがな(汗)でもっていきなりまた「教団」とは、一気に核心に迫るような話がさらっと出てきましたがな。C.Cも元当主らしいけど、一体どういう組織なんでしょうなぁ。現当主のV.Vが皇帝と組んでるんだから現在はブリタニア寄りの組織なんだろうけど。さて来週は、ジノとアーニャを加えての学園ギャグパートくさいですね(笑) 
スポンサーサイト
2008/06/24 07:41|コードギアスTB:0CM:8
直前の設定20080614054427

≪MGS4無事クリアしましたので、6/14のエントリー内容を変更して感想など。》


PS3待望の大作、「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」がようやく発売となりました。PS3の販売台数が伸び悩み、発売予定の期待作が延期されたりマルチプラットフォームに変更されたりする中、サードパーティー製としては初のPS3独占タイトル期待作と言えます。そんな状況故に、SCEも全面バックアップ体制の販促が行われてきましたが、シリーズの販売状況からすれば、「やや過剰な期待」ともいえるプレッシャーがかけられているなぁと感じていました。

個人的にMGSシリーズは大好きで、初代のMSX版メタルギアからプレイしていますが、決して万人受けするタイプのゲームではないです。実際に人気と知名度の割には、PS2で発売された2と3はどちらも国内ではミリオンに届いていません。PS2とPS3の普及台数の差や、シリーズ物の4作目で登場人物やストーリーも思いっきり続編な内容という点を考えても、結構厳しいものがあるのではないかなぁと思っていました。







MGS401.jpg

が、なんと発売週にしてすでに通常版とスペシャル版、本体同梱版も含めて約44万本の実売ということで、「みんなのゴルフ5」の39万本というPS3用ソフトの販売記録をすでに更新したようです。目標は100万本らしいので、届くかどうかというと厳しいかもしれませんが、シリーズの実力を考えれば十分合格点といえる実績なんじゃないでしょうか。

私もスペシャル版を購入しました。ヘタレながらもノーマルの難易度でとりあえず一周通してプレイしてみました。クリアした感想としては、私個人としては、100点満点のゲームでした。ただ「人によって評価が真っ二つに割れそうな作品だな。」という印象も強く持ちました。ですので、極力客観的に具体的な感想を書いてみます。











MGS402.jpg

(1)映像がとにかく美しい。
とにかくすげぇ。いまさら映像がすごいから売れるとか面白いとかは思わないですけれども、本当にすげぇクオリティ。映像出力も1080p対応なのでご安心ください。oblivionとか戦場のヴァルキュリアとかが720pまでしかなくてちょっと残念だったので、嬉しい限りです。(戦ヴァルなんてPVは1080pで配信しておいてヒドイ。)



(2)シリーズ完結編としてのストーリー。
今回のMGS4はソリッド・スネークの物語の完結編ということで、膨大に膨れ上がったストーリーが見事に収束していきます。歴代の登場人物が続々と登場し、それぞれのドラマもきちんと描かれていくのも見事。さらにラスト部分では恒例のどんでん返しもしっかり用意されているので安心です。ただしどんでん返しのあたりはやや複雑なので、よくわからなかったという人は「PLAYSTATION store」で無料配信されている「METAL GEAR SOLID4 DATABASE」で補完すると良さそうです。ストーリーは完全にシリーズファン向け内容なので、これが初MGSという人にとってはかなり厳しい内容かと思います。どうしても興味がある方は、今からでも過去3作をプレイしてからMGS4をプレイするべきかと思います。





(3)圧倒的なボリュームのイベントシーン。
ここが一番今作の評価が割れるところでしょう。壮大なシリーズの完結編であり、多数のキャラクターのドラマが語られる今作では、その全てを語りつくすために、観ているだけのイベントシーンがかなりあります。無線のやりとりも含めると、約10時間はイベントシーンです。(参考までにクリアタイムは約18時間でした。)これは、30分アニメ25話分に相当する時間と言えば、その膨大さが理解いただけるかと思います。その分クオリティは素晴らしいので、映画を観る感じに限りなく近い作品であるといえます。ここに納得がいくかどうかは、シリーズのファンでも2極化するところでしょう。




(4)難易度緩和、自由なプレイスタイル、一本道のステージ構成。
歴代のシリーズはスにーキング(潜入)ゲームで、敵に発見される=ゲームオーバーといっても過言ではないくらい、厳しいバランスでした。しかし今作では、回避して進めることも可能ですが、ランボーさながらに敵を打ち倒して進むことも可能なバランスになっています。むしろヘタレには、ランボーしていく方が簡単なバランスでした。もちろん難易度設定をいじればこの限りでは無いようですが。

歴代シリーズではかなり手ごわかったボス戦も、今作ではかなり楽に勝てるバランスに設定されていますし、また、各ステージも基本的に一本道で、潜入探索というよりはステージクリア方式と言っても良い作りになっていて、迷ったりすることはない感じでした。(もちろん脇に逸れると小ネタが用意されていたりはしますが。)

敷居を下げる試みかなと思います。途中で投げた人も多いであろうMGSシリーズですが、今作は誰でもとりあえずエンディングまで到達できるようにしてあると言えるでしょう。シリーズの難易度を知っている人からすると拍子ぬけする部分はあるかと思いますが、ノーアラート&ノーキルクリア等、自分で制限付けて難易度あげてくださいという事でしょう。きちんと見返りも用意されていますし。




以上が私の感想でした。クリアしたので、ネタばれ警報の出ていたスペシャル版付属のBlu-rayも観ました。内容はメイキングのドキュメントといった感じでマスターアップ直前までクオリティアップのための作業を続けるスタッフに感動を覚えました。Act1とAct2のサニーが暗すぎるんじゃないかと、土壇場でアフレコやり直しを敢行したのには驚きました。スタッフの皆様ご苦労様でした。小島監督が直接ディレクションするMGSはこれで最期ということで残念ですけれど、新作の構想は既にあるということで、新たな小島作品に期待したいと思いました。






最後に、個人的には歴代のメインテーマがどうやら盗作だったとかで、今作には使用されていないのが極めて残念ではあります。下の動画見る限り、かなりの確率で黒っぽいから仕方ないでしょうけれども(泣)

【メタルギアソリッドメインテーマ、盗作疑惑】



 
2008/06/21 20:58|ゲームTB:0CM:0
F1100.jpg

先週は放送がお休みだったので、久しぶりのマクロスです。OPや挿入歌、サントラ等のCDもアニソンとしては異例の売上を示しているようで、ここまではかなり成功している作品って感じです。来週以降もオリンピック絡みで放送時間の変更やら休止やら予定されているようなのが実に残念ですが。マクロスは初代、プラス、7と総集編的な内容ですけれでも劇場版をやっています。Fの劇場版の予定があるかどうかは知りませんが、「続きは劇場でね♪」だけは勘弁だぜぃ。ではネタばれで本編のあらすじと感想など。







F1101.jpg

《映画「鳥の人」出演がきっかけで、大ブレイクしたランカ。町中にはシェリルと肩を並べてCMやポスターが展開され、ファーストライブも決定した。ナナセからもうすぐアルトの誕生日だと聞かされるが、連絡を取る暇もない忙しさ。一方アルトに「しょっちゅう学校に来て暇そうだな。」とちゃかされたシェリルは、来週ガリア4で第33海兵部隊の慰問公演を行うという。ガリア4は人が居住できる環境ではないが、大気をもつ惑星で、第33海兵部隊はオズマによればいわくつきの部隊だという。そんな時、唐突にアルトの前に、兄弟子の矢三郎が現れる。》

ランカたん大ブレイク。ランカのプロモーションを妨害していた人(グレイス?)はどう思ってるのでしょうか。でもってガリア4での慰問公演、これもなにか仕組まれていそうな気配がムンムン。







F1102.jpg

《矢三郎から父嵐三が倒れたと聞かされたアルト。動揺しながらも「関係ない」と言ってしまう。アルトへのプレゼントに自分のライブのチケットを用意したランカ。シェリルに「きっと『あいつ』喜ぶわよ。」と言われて複雑な心境。と、そのシェリルが体調不良を訴える。仕事と学園生活の両立で、無理がたたっての発熱だった。グレイスにガリア4での公演はキャンセルしたらと打診されるが、シェリルは強硬に拒否する。ギャラクシー船団の生き残りがいるという噂があるためだった。クランによると第33海兵部隊はゼントラーディ軍の中でも早くから人類に協調した部族と、終戦後しぶしぶ協調した部族が混在し、いがみあっている厄介な部隊だという。一方ランカはナナセに「最近シェリルとアルトが仲が良い。」と聞かされ動揺する。》

うーん、ギャラクシー船団の生き残りってのもシェリルを行かせるためのグレイスの仕込みなんだろうなぁ。三島にVF-27の設計図を渡し、機体そのものもL.I.Aに預けて研究させているようだが、そうまでして三島を何に利用するつもりなのだろうか・・謎です。









F1103.jpg

《意を決したランカはアルトの留守電に「誕生日プレゼントを渡したいから、あの丘で待っていて。」とメッセージを残す。一方アルトは、矢三郎からも「誕生日の日に会いにくればアルトの勘当を解く。」と嵐三と約束したので来てほしいと言われる。あなたは芝居を止められない人だ、今も「親に反発してパイロットを目指す青年という役を演じているだけだ。」と言われ動揺する。さらにシェリルにも呼び出されたアルトは、「本物の空を飛ばせてあげる。」とガリア4への護衛を求められ、思い悩む。誕生日当日、エルモから2時間だけオフをもらい約束の丘へ急いだランカだったが、そこにいたのはアルトの代理を頼まれたミハエルだった。そして嵐三の下にもアルトの姿はなかった・・・。》

アルト君究極の選択でした。でもこの結果は、シェリルを選んだというわけではなくて、結局空へ逃げているという事だと解釈したんですけど、どうなんでしょうね。アルトが空に固執する理由がまだきちんと描かれていないので、なんとも言えませんが。とりあえずランカたんは代理でミハエル行かせとけばいいやくらいのノリで、真っ先に選択肢から消去されていそうでカワイソス。







F1104.jpg

《アルトはガリア4への護衛任務を選択した。「ここまではあなたのシナリオ通り。」と言う三島に、「これからも予定通りに事は進む。」と答え、不敵な表情を浮かべるグレイスだった・・。》

アルトが行くのも予定に入っていたのだろうか・・。ブレラのVF-27も出撃してガリア4では熱い展開が待っていそうだ。しかしランカたんカワイソスだが、クッキーが「苦い」って何やったんでしょう(汗)砂糖と塩間違える「しょっぱい」ならまだしも(笑)今回のエンディングはランカたんの「ねこ日記」でした。9話のキャンペーンのシーンのイメージからふざけた歌なのかと思ってたら、わりとマジメなラブソングでしたサーセン。 
2008/06/21 09:05|マクロスFRONTIERTB:0CM:0
直前の設定20080617060924

またもや録画失敗で絶望した!絶望したーっ!(泣)んなわけで画像ソースはveohから拾ったFLVです。著作権問題はありますけど、動画投稿サイトはこういう時にすごくありがたいわけで。需要はあるんだから公式に高画質で即日配信しちゃえばいいのになぁと思うわけですが、そうなるとテレビの視聴率が下がる=スポンサーが離れるとか、DVD売れないとか、いろいろな問題でダメなんでしょうなぁ。結局テレビ放送にまつわる人々が利権にしがみつくおかげで、ユーザーが不便になっている気がしてなりません。では、ネタばれであらすじと感想など。





R20901.jpg
R20902.jpg

《天子を拉致するゼロ。すかさずスザクがランスロットで迎撃に現れるが、藤堂の駆る新型機「斬月」がランスロットと互角に渡り合い、ランスロットのフロートユニットを破壊、紅蓮可翔式も出撃し、ブリタニア、中華連邦両国の追撃を振り切る。》

斬月、派手さはないがなかなか。「フロートぐらいでっっ!!」と言ってるスザクですが、結果追撃できなくなったわけで痛手ですわな。どうもこのところランスロットは咬ませ犬ポジションでカワイソス。いやまぁしかし、天子様萌え萌えすぎですわな(しつこい)。









R20903.jpg

《逃走経路の橋を落とされるのを予測していたゼロは、伏兵を潜ませ中華連邦の追手を一蹴する。一方星刻は、大宦官から天子救出を条件にひとまずクーデターの罪を不問とされる。大宦官から切り札のナイトメア「神虎」を貸し与えられた星刻は、ゼロの進路を予測し単騎で奇襲をしかける。予想外の敵襲に驚くゼロ。驚異的な性能を誇る神虎は、千葉の小隊を瞬殺し斑鳩に迫る。》

神虎、デザインは微妙だが強いらしい。ポニーテール星刻に婦女子の皆様昇天でしょうか。すっかり「コードギアス反逆の星刻R2」って感じになってきた(汗)




R20904.jpg

《神虎はラクシャータのチームが開発した機体だが、ハイスペックを追及しすぎたため乗りこなせるパイロットがおらず、お蔵入りになった機体だという。神虎を阻止するため、補給が不完全なままカレンが紅蓮可翔式で出撃するが、神虎は紅蓮と互角以上の能力を持ち戦闘は膠着する。カレンが捨て身の一撃を加えようとしたとき、紅蓮のエナジーが底をつき、神虎に鹵獲されてしまう。さらに背後から中華連邦の増援が到着し、窮地に立ったゼロ。ディートハルトはカレンを見捨てての撤退を進言する。》

初出撃時にあんだけ暴れてもエネルギー無尽蔵だった紅蓮が都合よくエネルギー切れ。ランスロット、トリスタン、モルドレッド、紅蓮、神虎に斬月とさぁどれが最強なんでしょう的な配置はロボアニメ的には盛り上がる要素だ。とりあえずラクシャータ製品がいまのとこ一歩リードっぽいが、ロイドさんの挽回はあるのか?で、今回の話は若干「銀河英雄伝説」っぽかったわけですが、ディートハルトはどうみてもオーベルシュタインですな。








R20905.jpg

《ディートハルトの進言を聞き入れず、カレン奪還のため迎撃を指示するゼロ。量産機の性能で劣る中華連邦は神虎を中心とした中央突破を図り、それを読んだゼロは全戦力を投入し左右の陣から敵本陣を攻める。が、ゼロの手をすべて読んでいた星刻は、土壌の緩さを利用するため運河を決壊し、黒の騎士団の動きを封じてしまう。》

この頭脳戦はやはり銀英伝のラインハルトvsヤン提督を彷彿させます。しかしまぁイケメン+頭脳明晰+身体能力抜群+主役声とはもうなんという完璧キャラクター。まぁでもいいところで吐血してやられちゃうんだろうけどね(泣)でもってアーニャの画像・・・子供のルルーシュがあるのは・・?前回「記録じゃなくて記憶」だといってましたが・・。アーニャ髪型がマリアンヌ様に似ているわけですが、何か重要なキャラなのでしょうか・・?






R20906.jpg

《頭脳戦で星刻に後れを取ったゼロ。屈辱ながらも、斑鳩の拡散ハドロン砲を使って牽制し、撤退、中華連邦の天帝八十八陵に籠城する。一方で中華連邦も、大宦官が態度を一変し、ブリタニアに援護を要請、クーデターの罪で黒の騎士団もろとも星刻達の抹殺を図る。そんな騒ぎのなか、ミレイが生徒会に無事を伝える電話をかけるが、その電話を受けたのは・・・ルルーシュだった・・。》

またまたラストでやってくれましたな。確かに機密情報局をおさえているとはいえ、ずっと学園からいなくなったらバレバレですけれど、学園にいるルルーシュは誰なんでしょう。しかしまぁ大宦官も鬼畜なわけで、どんなに頑張っても無能な本国に足を引っ張られるあたり、やはりヤン提督とかぶる星刻なのでした。 
2008/06/17 11:04|コードギアスTB:0CM:0
F0714.jpg


どうやら今週のマクロスFRONTIERはサッカーのユーロ2008中継のためお休みのようですね。公式サイトにもどこにも告知を見つけられなかったわけですが、ちょいとヒドクないでしょうか?

さらに7月もオリンピック絡みで休止がありそうな気配です。あんまりだわー。まぁ予定通りならいいんだけど、話数減ったりしないで欲しいぜ。 
2008/06/14 08:10|マクロスFRONTIERTB:0CM:0
R21000.jpg

先週謎の特番をやってくれたおかげで、PC故障の被害を受けずに済んだギアスです。制作が遅れているのかテコ入れだったのか、大幅な変更でも加えるのか、理由はよくわかりませんけど、話数減る分、また完結しないで「続きはDVDでね!」とかだけは勘弁していただきたい(汗)では、ネタばれで感想など。






R21001.jpg

《エリア11を追放処分という形で脱出した黒の騎士団は、中華連邦の蓬莱島に逃れていた。インドの全面協力を得て、戦力を充実させる。中華連邦を陥落させることが、打倒ブリタニアの重要なカギと考えたルルーシュは策を練る》

ナイトメアがいっぱい。藤堂さんにもよくやく専用機「斬月」が配給。公式によればランスロットと互角の性能のようだ。ゲーム版主人公機も配備されているようだが、誰が乗るのかなぁ?千葉さんのエプロン、カレンの下乳とサービス満点でした。





R21002.jpg

《しかしそこへ、ブリタニア第1皇子オデュッセウスと中華連邦の天子が政略結婚するという情報が舞い込む。策士シュナイゼルの計略を、大宦官趙皓が地位と引き換えに呑んでしまったのだった。このままでは黒の騎士団が結婚の結納品としてブリタニアに献上されてしまう。ルルーシュは状況を打開するため、自ら婚礼祝賀会の場へ乗り込む。》

萌え萌え天子様がこんなおっさんと結婚ですとぉぉ。なんというロリコン(汗)しかしながらくシュナイゼルが徐々にしたたかさを発揮か。しかし玉城はアホだな。






R21003.jpg

《かつて天子に命を救われた星刻は、6年前に交わした約束を果たすためクーデターを決意する。一方ルルーシュは、スザクと自らの仮面を賭け、シュナイゼルとのチェス勝負に臨む。》

天子様萌え萌えすぐる。中の人も子役の女の子だけに、キャラが素晴らしく純粋に仕上がっていて星刻じゃなくても萌え萌えだぜぃ。逆にニーナさんのヤンデレっぷりが痛々しい(汗)しかしブリタニアは悠長というかなんというか、屈指のテロリスト目の前にしてチェス勝負とか受けてないでさっさと捕まえなさいって。京都の皆さんは台詞一言で全滅確認ですが、合掌。神楽耶様、「言の葉だけで人を殺せる」人が後ろにいますよぉぉ。






R21004.jpg

《チェス勝負は互角のまま引き分け、かと思われたとき、シュナイゼルが自らのキングを無防備に配置しゼロを試す。勝負よりプライドにこだわったルルーシュはトドメをさせず、シュナイゼルに嘲笑される。その時、「ユーフェミア様の敵!」と錯乱したニーナが暴れ、勝負はお預けとなってしまう。翌日の婚礼の儀の最中、星刻がこの「婚礼に異を唱える!」とクーデターを敢行する。天子の意に沿っているか迷いながらの星刻だったが、6年前の約束を覚えていた天子は、涙を流しながら星刻に助けを求めるのだった。》

うほほこのチェス勝負はハラハラさせられた。それだけにきっちり勝負ついて欲しかったなぁ、うやむや残念。神楽耶様はスザクもらったらどうするつもりだったんだろう・・・・こわ(汗)そして星刻がなんだか主役っぽい(笑)公式でやってる名場面ランキングの女子部門1位が毎回星刻さんのワンショットなわけですが、婦女子の皆様釣られ過ぎですってば(笑)しかし天子様萌えるぜ(しつこい)







R21005.jpg

《天子の叫びに、迷いが吹っ切れた星刻。だがその時、突如ゼロが現れ、天子をさらってしまう。一方V.Vはルルーシュの狙いが「ここ」だと厄介だと言い、ジェレミアにルルーシュとC.Cの討伐を命じる・・・。》

まずなんだ、ルルーシュ空気読めぇぇぇ。せっかくの感動的なシーンが台無しだぜ。今作はやたらとゼロを鬼畜的に描く場面が多いのは何かの前ふりなのだろうか。そんでもってみんなの人気者オレンジ君がようやく登場。なんだか「おはようごさいました!」とか「卑怯!後ろをバック!」とか言ってた頃の面影が全くなって、妙にかっこよくなってないかい?まぁでもネタキャラなんだろうけど(笑)引っ張って引っ張って瞬殺されるとかで全然okで。しかしこの場所はどこなんでしょう、前に皇帝とV.Vがいた神殿みたいなところ?またみてギアス、毎回遊び過ぎな感じがあるが、今回のは最高だ(笑) 
2008/06/10 08:08|コードギアスTB:0CM:2
F1000.jpg

なわけでマクロス感想再開です。前回からアバンの大川透さんによる解説が無くなってしまったぁ。まぁネタギレでしょう(笑)さて今回は割とどうでもよさそうなラブコメ話を装いながら、かなり物語の核心に関わりそうな重要な描写も含まれておりました。さっそくネタバレでいきますが、今回の話の性質上マクロスゼロのネタバレも含みますのでご容赦ください。




F1001.jpg

前回に続きアバンから「???」な始まりですが、どうやらランカが出演した映画の試写会のようでございます。しかしながらこの映画、モロに「マクロスゼロ」そのもの。第一話でシンがサラ&マオと出会うシーンを台詞もカット割りも完璧に再現してますぜ。マクロスゼロは河森監督が2002年に作ったOVA作品で、初代マクロスのちょっと前の事件を描いた作品。マクロスシリーズの時系列では一番過去の作品となります。そういえばサラ&マオの苗字は「ノーム」でシェリル・ノーム・・・・うーんなにか関係あるのだろうか?




F1002.jpg

《ミスマクロスを受賞したミランダが映画主演を決めたのに対し、地道な手配り営業活動の続くランカ。そこへ駆け込んできたエルモが、ランカにも映画出演のオファーが来たことを告げる。喜んでアルトに報告するランカだが、電話の後ろから聞こえるシェリルの声に複雑な心境。》

なるほど、この映画、ゼロの主人公、シン工藤本人の伝記を映画化するという設定なんですわな。納得。てか徹子の部屋は2059年にも健在ですか(笑)今回のお話の軸の一つは、いよいよ熱くなってくる三角関係ですな。




F1004.jpg

《映画の撮影のためロケ地となる島へやってきたランカ。バルキリーの撮影協力のためS.M.Sのメンツも同行。主題歌を歌うシェリルも現地入りし、シェリルのドキュメント番組撮影に協力中のアルトもやってくる。と、アルトを見た監督から突如出演の依頼。3年前に父の舞台でアルトが演じた桜姫は歌舞伎界では伝説となっており、熱烈なファンがいるのだという。「アルトが出てくれればランカの出番も増やしてもらえる。」とエルモに土下座までされ、悩むアルト。》

なるほど、やはりアルトの歌舞伎役者としてのポテンシャルはすさまじいようだ。4話での父親との再開シーンでのランゾーさんのリアクションにも納得。






F1005.jpg

《アルトの事情を一人知らず、寂しくなったランカ、演技への不安を紛らわす意味も含めて、一人岬で「アイモ」を歌っていると、その様子が監督の眼に止まる。一方アルトは、女装しての出演は断るものの、シン役の俳優が拒んだ水中撮影のシーンのスタントを引き受けることにするが、そのシーンがシンとマオのキスシーンであると知って動揺する。とりあえずランカに知らせに向かうアルトだったが、その頃ランカは歌声に誘われたヒュドラに襲われていた。》

CM明けアイキャッチが毎回芸の細かいこの作品ですが、今回はマクロスゼロのロゴでした(笑)安易に引き受けたスタントシーンは、ゼロの3話でマオがシンに宝物を見せてあげると、海深くに眠る「鳥の人」を見せてあげるシーンなわけで。伝記が映画化されるような伝説のパイロットなんだから、ちゃんと読んでおこうぜアルト君。





F1006.jpg

《間一髪アルトが駆け付けるも、ヒュドラには歯が立たない。と、そこへ現れたのはブレラ・スターン。身を挺してランカを護ると、ヒュドラを一刀両断にし、去って行った。アルトにおぶられ、現場へ戻ったランカを待っていたのは、メインテーマとしてランカの歌が使われることと、事故で来れなくなった役者に代わり、ランカがマオ役として起用されるという吉報だった。》

さて意味深なシーン。まず、ブレラの体はほとんど機械化されているようなので、ギャラクシーの技術であろう。で、ここでランカがブレラの危機に対して「お兄ちゃん」といって気絶したことから、ブレラとランカは兄弟なんだろうなと推察されるわけでござる。11年前の事件で、かろうじて一命をとりとめ、ギャラクシーで戦士の体にされたということだろうか・・?






F1007.jpg

《マオ役を演じることに踏ん切りがつかないランカ。姉の好きになった人を好きになるマオの気持ちが理解できない・・と。しかし、アルトにキスをするシェリルを見て嫉妬を覚え、今ならマオの気持ちがわかると感じたランカは監督に決心を伝える。一方、ランカがマオ役を演じると知ったオズマは呟く・・「因縁か・・・お前がドクターマオの役をやる事になるとはな・・・。」》

ここのオズマの台詞も意味深。マオとランカの関係は一体・・・娘とか?ゼロの作中にてマオは瀕死の重傷を負い、プロトカルチャーの血液を輸血されているわけですが、その事とランカがバジュラやらヒュドラに襲われることと関係があるのかなぁ・・・?なんて思ってしまうわけです。




F1008.jpg

《ランカの歌で、映画は幕を閉じ、観客から喝采を浴びるランカ。トップアイドルへの道が開かれようとしている・・・。》

いやはや映画のラストシーンも歌は違うけれど、ゼロのラストシーンを忠実に再現。そのままスタッフロールに入るところまで。ニクイ演出ですわな。






F1003.jpg

さて、今回の話で最も重要だったと思うのはこの辺りの絡みなわけですが、ブレラについて探るレオン三島にコンタクトとってきたこの人物って・・・グレイスですよね?メールの差出人名が「G」であること、ロケ地にグレイスが来ていないこと、レオンに情報の見返りとして渡したインプラントの通信機がグレイスやシェリルの持つものとと酷似していることetc・・・・。容姿が全然違うのはギャラクシーの技術力ということでしょうし。当然ブレラに指示を出し、勝手するなと叱責していたのもグレイスでしょう。となると、シェリル・ノームという存在そのものも、グレイスが動きやすくするために作りだした虚像という気がしてきてしまう・・・当然シェリルの記憶も作られたもので、生身じゃなくて全身機械だったりとか・・・・うーん結構いやーんな展開を辿りそうだぞこれは・・・。 
2008/06/07 10:29|マクロスFRONTIERTB:0CM:2
F0801.jpg

(画像と本文はほとんど関係ありません。)

♪にんじ?んらびゅ?ぃえぃ♪というわけで、復活です。仕事の方は意外と早く帰れる日々になっており、どうということはないのですが、PCがクラッシュして更新不能になっていたのです(涙)

例の富士通製大型テレビPCを使用しているのですが、やはり地雷だったようで(笑)液晶の電源ユニットのコンデンサーが不良品で、3年くらいで焼けて画面が映らなくなるという仕様のようです。うちは1年で焼けてしまいましたが・・・使用頻度が異常なのでしょうか(汗)

そんなことは露知らず普通に修理依頼して治してもらいました。金曜に連絡したらその日のうちに見にきて、月曜日には部品もってきて治したのでまぁまぁ迅速な対応ではあるし、保障期間なので無料でしたからまぁ良いのですが、知ってたら文句の二つ三つは言ってただろうなぁ。つかリコールとかすべきなんじゃないでしょうかねコレ。

しかしこのあとが大変でして・・。


R20806.jpg

(画像はもちろん本文とはほとんど関係ありません。)


修理してもらった日、僕が帰宅すると奥様が、「PCでテレビが映らない。」というのです。見てみると、「B-CASカードを正しく装着してください」のエラー。でもインスタントTV機能ではちゃんと観られるのでカードは正常に認識されている模様。とするとソフトかチューナーのドライバのファイル破損かなぁと、両方とも再インストールしてみましたが治らず。

これは修理の時にB-CASカードリーダーからPCへの入力ラインが抜けたか切れたか、(この時点で自分はまだテレビ用のチューナーとPC用のチューナーが別に積んであると思っていたので)PC用のチューナーが故障したかなと憤って、再び修理の依頼。しかしサポセンの人はとりあえずOSの再インスコをしてみてくださいの一点張り。確かにPCの動作不良の場合、ソフトが悪いのか機器的な故障なのか微妙な事もあるでしょうから、そういう時はOS再インスコまでさせるのがマニュアルなんだろうけれども・・。今回の場合、テレビ視聴ソフトそのものはきちんと起動するし、HDDに録画してある番組も普通に観られるからソフトの不具合の可能性は極めて低いと、個人的には思ったわけです。
何よりOS再インスコすると、元の状態に戻すのにものすごい時間かかるじゃないですか。ファイルや設定はバックアップとるとしても、いろいろなプログラムの再DL&インストールしなければいけませんしアップデートもあるし、その度に再起動要求されるし・・で。

一か八かのOS再インストールなら、先に機器的な検査及び、一か八かの部品交換などしてもらって、それでも駄目ならOS再インスコするからと戦って修理に来てもらうようにしました。万一チューナー交換した場合は、HDDの録画データーは著作権保護機能により観られなくなるので、残したいものは全部Blu-rayに焼きました。

で、部品調達などに時間がかかったらしく、月曜に再修理依頼して、来たのが結局翌週の火曜日。もちろんその間の番組はすべて録画できませんでしたさ(涙)で、きてもらった修理マンに話を聞くと、「チューナーは1個しか積んでませんよ。」ナンダッテー。ってことはチューナーは正常なので、いよいよ線が抜けたか切れたかだけなのでは、ということで、見てもらいました。一応線は全部つながっていたようですが、一応抜いて差し直してもらったら一瞬で修理完了。前の修理の時の振動で接触が悪くなっていたようです。

とりあえず治りましたが、この日の修理もいろんな線を抜いたりしたので、すべて正常に繫がっているか自分自らPC上でチェック。いやキャプチャカードへの線とか抜いてたから、今度は観られるけど録画できませんとかなりそうで(笑)無事に完治しましたとさ。あぁOS再インスコしなくてよかった。


んなわけでまぁちょいと地雷踏んだなぁと思いつつも、まぁしばらくは正常に使えるだろうという感じです。故障しなければ使い勝手は良いのですけどね。


ただ、ここにきてデジタル放送のMPEG-2TSをMPEG-4に変換して録画できるレコーダーが出てきたので、そっちに興味深々な私です。MPEG-4は圧縮効率が良いので、HD画質のままMPEG-2TSの半分の容量で保存できるようで。25GBのBlu-ray1枚で8時間録れるので、30分番組1クールが1枚に入るんですわな。2層式50GB使えば2クールが1枚に収まるのでかなり魅力的。奥様・・・・買っても良い?・・・・ぐはっつげhっはp;おぃくjyhtgrrふぇdws(爆死)
 
2008/06/06 06:41|日常TB:0CM:2

ブログ内検索 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。